(2ページ目)福岡伸一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福岡伸一

このエントリーをはてなブックマークに追加
福岡伸一

福岡伸一

福岡伸一(ふくおか・しんいち)/生物学者。青山学院大学教授、米国ロックフェラー大学客員教授。1959年東京都生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授を経て現職。著書『生物と無生物のあいだ』はサントリー学芸賞を受賞。『動的平衡』『ナチュラリスト―生命を愛でる人―』『フェルメール 隠された次元』、訳書『ドリトル先生航海記』ほか。

  • 福岡伸一「コロナ検査で注目の抗原検査は排卵チェッカーと基本的に同じ原理」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は、39県の「緊急事態宣言」解除を発表した14日の首相会見でも触れられていた、新型コロナウイルスの検査でも注目されている「抗原検査」について取り上げます。*  *  * 前回のコラムで、抗原検...

  • 福岡伸一「いったんここでコロナの検査技術を整理しよう」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は、依然、猛威を振るう「新型コロナウイルス」について取り上げます。*  *  * 新型コロナウイルス問題が新たなフェーズに入ってきた。 これまでは感染者をできるだけ的確に見つけ出して隔離し、伝...

  • 地球の中心から測ればエベレストより高い山? 福岡伸一が科学的に「有名な山」と言う理由

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。今回は、「地球の密度」について取り上げます。*  *  * 少し前、まだコロナ禍が世界を覆い尽くすことなど思いもよらなかった 頃、南米エクアドルを旅した。山間部の高地にある首都キトから、大西洋に面...

  • 福岡伸一「理論的だが、コロナウイルス問題を2週間で解決する方法」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。前回に引き続き、今回も猛威を振るう新型コロナウイルスについて取り上げます。*  *  * 治療薬もワクチンも集団免疫も待たずに、2週間でコロナウイルス問題を解決する方法が「理論的」にはある。1.世...

  • 新型コロナで閉塞するニューヨーク 福岡伸一「強迫観念が社会全体に感染を広げているようだ」

    福岡伸一の新・生命探検 AERA

     メディアに現れる生物科学用語を生物学者の福岡伸一が毎回一つ取り上げ、その意味や背景を解説していきます。前回に引き続き、今回も猛威を振るう新型コロナウイルスについて取り上げます。*  *  * 客員教授をつとめている米国ニューヨーク市のロックフェラー大学に来ているが、ここ数日のうちにも事態は刻一刻と...

おすすめの記事おすすめの記事