中田英寿 つなぐ 秋田、楢岡焼

2014/04/14 17:37

 これまで全国各地の窯元を訪ねてきた。いろいろなロクロやその他の手法で器や皿を作ったりもした。しかしどうしてもこれまで見られなかったことがある。それが実際に薪を使った、登り窯や穴窯での「焼成」だ。最近は、温度管理がしやすく、仕上がりも安定する電気やガスの窯を使う陶芸家も多いが、やはり陶芸の醍醐味は、数日間かけて薪で焼き上げる焼成だ。ただ登り窯などの火入れは、多いところでも年に1、2回。なかなか僕が訪ねるタイミングと合わなかったのだが、「Revalue NIPPON」の旅、5年目にしてようやくそのチャンスが訪れた。

あわせて読みたい

  • 見逃せない!鉅鹿遺跡発見100年「磁州窯と宋のやきもの」展で白黒つけるぜ!

    見逃せない!鉅鹿遺跡発見100年「磁州窯と宋のやきもの」展で白黒つけるぜ!

    tenki.jp

    2/13

    NHK朝ドラで「旦那がいない方が楽」とレア発言! ぼっち際立つ「スカーレット」
    筆者の顔写真

    カトリーヌあやこ

    NHK朝ドラで「旦那がいない方が楽」とレア発言! ぼっち際立つ「スカーレット」

    週刊朝日

    2/28

  • 日ロ首脳会談で注目! 山口県の“ぶちええ”ところ10選

    日ロ首脳会談で注目! 山口県の“ぶちええ”ところ10選

    週刊朝日

    12/15

    ハーバード大出の陶芸職人は経営コンサルとの「二刀流」

    ハーバード大出の陶芸職人は経営コンサルとの「二刀流」

    週刊朝日

    9/4

  • ピザが焼ける!! 体の芯から温まる!! 話題の「薪ストーブ」の魅力と実際

    ピザが焼ける!! 体の芯から温まる!! 話題の「薪ストーブ」の魅力と実際

    tenki.jp

    12/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す