中田英寿 つなぐ 山形、こんにゃく |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中田英寿 つなぐ 山形、こんにゃく

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

(C)nakata.net

 「もともとは山形名物の玉こんにゃくだけを作っていたんですが、時代が変わり消費量がだんだん減ってきたので、もっとお客様に楽しんでもらえるように工夫した、いろいろなこんにゃくを作るようになったんです」(こんにゃく番所・丹野益夫さん)

 こんにゃくの名産地といわれる場所は、全国各地にある。おいしいこんにゃくの条件はとにかくきれいな水があることだ。山形県上山市、かつて羽州街道の要衝として栄えた楢下宿に店を構えている丹野こんにゃく「こんにゃく番所」を訪ねた。ここにも地下二百数十メートルから湧き出すカルシウム豊富なアルカリ性天然水「益栄の水」があり、これが独自の食感を持つさまざまなおいしいこんにゃくを生み出している。

 「最初はこんにゃくを買いに来てくれる人たちのための無料の茶屋のようなものだったんですが、集まってくる人たちにいろいろなこんにゃくを試してもらううちに懐石料理を出してみようかということになりました。最初はこんにゃくだけの店なんて、という声もありましたし、こんにゃく専門の料理人もいない。物産展などで全国のおいしいものを食べながら私も料理の勉強を重ねて、少しずつメニューを増やしてようやくお客様に来ていただけるようになりました」

 ここで食べられるのは、こんにゃくづくしのフルコース。でも、そのどれもが「これがこんにゃく?」と思うようなものばかりだ。フカヒレ風、しゃぶしゃぶ風、牛タン風、モツ焼き風、ビーフシチュー風、ステーキ風、寿司風……。次から次に出てくるものみんな、知らずに食べたらこんにゃくだと思わないようなものばかりだし、とにかくおいしい。楽しいのは、見た目も肉や魚そっくりに作られていることだ。

 「こんにゃくはどんな味もつけられる。あとは食感をどう再現するかを一生懸命考えるんです」

 食べれば食べるほど、その工夫に驚く。材料の混ぜ方、製法、加工法など、ひとつずつ細かなこだわりがあり、それがおいしさに繋がっている。併設されているカフェのメニューにあるパイやジュースなども(もちろんこんにゃく入り!)、どれもおいしい。特に山形名物のラ・フランス入りの「こんにゃくみぞれ」は、ジューシーでまるで本物のフルーツを食べているような食感。日本中にあるどんなこんにゃくゼリーよりもおいしいと断言できる。ほかにお取り寄せできるキムチ味こんにゃくや、こんにゃくの牛しぐれ煮もオススメだ。ご飯のお供として最高。僕も様々な友達に送っている。

 低カロリーで胃腸の掃除もしてくれるこんにゃく。しかもそれがこれだけおいしいとなれば、今の食卓に欠かせない一品になるだろう!!そして、こんなにいろいろなカタチに変化できるのであれば、日本を代表する食材として世界でも人気が出るかもしれない。直営店が早く東京にできることを、ただただ願うばかりだ!!


Support by  gucci

GUCCIは、REVALUE NIPPON PROJECTのクラフトマンシップを尊重しその支援を行うことに共感し、TAKE ACTION FOUNDATIONが主催する、REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALAをサポートしています

(更新 2013/8/29 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

中田英寿(なかた・ひでとし)

 元プロサッカー選手。日本代表として五輪やワールドカップで活躍。98年、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)からセリエAへ移籍。日本人の海外移籍のへの門を大きく開いた。その後、名門A.S.ローマなど伊英のトップチームで活躍し、2006年引退。引退後に世界を旅し、2009年に一般財団法人TAKE ACTIONFOUNDATIONを設立。また、観光庁アドバイザリー・ボードのメンバーに就任する。2009年4月よりに“日本の旅”を開始、この活動をきっかけに同財団の主催で伝統工芸・文化の技術を尊重しその支援を行うプロジェクト「REVALUE NIPPONPROJECT」をスタート。2003年より、東ハト執行役員CBO(最高ブランド責任者)を務める。公式サイトhttp://nakata.net/

あわせて読みたい あわせて読みたい