中田英寿 つなぐ イタリア・伝統の技術 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中田英寿 つなぐ イタリア・伝統の技術

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
photo: Junichi Takahashi

photo: Junichi Takahashi

イタリア フィレンツェの職人が伝統のクラフトマンシップを披露するアルチザンコーナーが、7月8日(月)まで、グッチ青山にて開催されている。6日(土)、7日(日)11:00-13:00、14:00-16:00、17:00-19:008日(月) 13:00-15:00、16:00-19:00photo: Junichi Takahashi

イタリア フィレンツェの職人が伝統のクラフトマンシップを披露するアルチザンコーナーが、7月8日(月)まで、グッチ青山にて開催されている。
6日(土)、7日(日)11:00-13:00、14:00-16:00、17:00-19:00
8日(月) 13:00-15:00、16:00-19:00
photo: Junichi Takahashi

アルチザンコーナーは、7月11日(木)~7月15日(月) に仙台藤崎でも行われる予定。11日(木)、13日(土)、15日(月)
10:00-12:00、13:00-15:00、16:00-19:00
12日(金) 13:00-15:00、16:00-19:00
14日(日) 11:00-13:00、14:00-16:00、17:00-19:00photo: Junichi Takahashi

アルチザンコーナーは、7月11日(木)~7月15日(月) に仙台藤崎でも行われる予定。
11日(木)、13日(土)、15日(月)
10:00-12:00、13:00-15:00、16:00-19:00
12日(金) 13:00-15:00、16:00-19:00
14日(日) 11:00-13:00、14:00-16:00、17:00-19:00
photo: Junichi Takahashi

アルチザンコーナーで作られたハンドバッグやウォレットはそのまま購入することが可能。これは、すべてハンドメイドで作られるからこそだ。photo: Junichi Takahashi

アルチザンコーナーで作られたハンドバッグやウォレットはそのまま購入することが可能。これは、すべてハンドメイドで作られるからこそだ。
photo: Junichi Takahashi

ウォレッとのレザーを型に合わせて折り、カットすることに挑戦。教えてくれたのは、GUCCIでもトップクラスのアルチザンであるマッシミリアーノphoto: Junichi Takahashi

ウォレッとのレザーを型に合わせて折り、カットすることに挑戦。教えてくれたのは、GUCCIでもトップクラスのアルチザンであるマッシミリアーノ
photo: Junichi Takahashi

 海外のラグジュアリーブランドには、職人技=ラグジュアリーという考え方があるように思う。高度な技術を持った職人が長い時間をかけて作っていることに、日本以上に価値を見出しているような気がする。

【関連の写真特集があります。こちらをご覧下さい】

 グッチの青山店に、バッグや財布の製作作業を見ることができる期間限定の「アルチザンコーナー」ができた。このコーナーのためにフィレンツェから4人の職人が来日し、店内でバッグや財布の仕上げの作業を行なっている。職人というと、言われたままの仕事を黙々とするだけというイメージがあるが、実際の彼らの作業はかなりクリエイティブなものだ。

「デザイナーから届くスケッチ画は、これまで見たこともないようなものばかり。でもそれをどんな素材を使い、どう成型して縫製すれば、実際の商品にできるかを考えるのも私たちの仕事です。難しい場合もありますが、出来る限りデザイナーのクリエイティビティをそのままカタチにしたいと思っています」(リーダーのマッシミリアーノ・カンビ)

 見た目のデザイン性だけでなく、長年の使用にも耐える“グッチ・クオリティ”に仕上げるのも彼らの領分。特に使用頻度が高く、細かい作業が必要な財布には、熟練の技が求められるそう。

「一般的な財布だと約40のパーツから作られています。これらをすべて縫い合わせていくのですが、サイズが小さいぶん、1ミリ程度の縫い目のズレでも目立ちますし、決まったサイズのカードが入らなくなることもある。成型や縫製には、バッグ以上に繊細な技術が必要なのです」

 もちろん作業はすべて職人の手作業。ミシンとハサミ、ナイフ、金槌など、シンプルな道具だけで見事に製品が出来上がっていく。こうして日本に“出張”できるのも、グッチの商品作りが大がかりな機械に頼ったものではなく長年修行を重ねた職人の手技によるものだという、何よりの証と言えるだろう。ちなみにマッシミリアーノは、職人歴33年の大ベテランで、グッチでもトップクラスの職人だという。

「フィレンツェには、約80軒の皮革工房がありますが、そこでトップと認められた者だけがグッチの工房に入ることができます。グッチの職人になるということは、かなり誇らしいことでもあるんです」

 特別に財布の製作をやらせてもらったが、やはりかなり難しい。薄く柔らかい革を偏りがないように貼りあわせていくのだが、自分ではなかなかうまく出来たつもりでも、よく見るとほんの少し浮いていたり、ズレていたりする。彼らはいとも簡単そうにやっているのだが、やはり見るとやるとでは大きな違いがある。

「初めてのトライにしてはうまくできていると思います。でも真っすぐな部分はもちろんカーブの部分も同じ厚みに仕上げないと、縫製の際のミシンの作業に狂いが生じてしまいます。左右の手の力の入れ具合が重要で、この作業だけでも数年間の修行が必要なんです」

 どこの国でも職人になるというのは本当に長い修行が必要で、その繊細さは万国共通。そんな職人達が、世界中から一堂に集まっている様子を見ることができたら、とても興味深いのではないだろうか。


Support by  gucci

GUCCIは、REVALUE NIPPON PROJECTのクラフトマンシップを尊重しその支援を行うことに共感し、TAKE ACTION FOUNDATIONが主催する、REVALUE NIPPON PROJECT CHARITY GALAをサポートしています

(更新 2013/7/ 6 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

中田英寿(なかた・ひでとし)

 元プロサッカー選手。日本代表として五輪やワールドカップで活躍。98年、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)からセリエAへ移籍。日本人の海外移籍のへの門を大きく開いた。その後、名門A.S.ローマなど伊英のトップチームで活躍し、2006年引退。引退後に世界を旅し、2009年に一般財団法人TAKE ACTIONFOUNDATIONを設立。また、観光庁アドバイザリー・ボードのメンバーに就任する。2009年4月よりに“日本の旅”を開始、この活動をきっかけに同財団の主催で伝統工芸・文化の技術を尊重しその支援を行うプロジェクト「REVALUE NIPPONPROJECT」をスタート。2003年より、東ハト執行役員CBO(最高ブランド責任者)を務める。公式サイトhttp://nakata.net/

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい