小泉今日子になる方法

最終回 小泉今日子に学ぶ4か条

最終回 小泉今日子に学ぶ4か条

 小泉今日子の「変わっていく力」の秘密はどこにあるのか。それを探って来たこの連載も、今回が最終回となります。まだまだ、彼女の魅力を汲みつくしたとはいえませんが、私の力のおよぶかぎりの報告はできたように

10/8

  • 第14回 『あまちゃん』のブレイクに小泉今日子が果たした役割とは

    第14回 『あまちゃん』のブレイクに小泉今日子が果たした役割とは

    ■『あまちゃん』大ヒットの背景 2013年、小泉今日子は、宮藤官九郎が脚本を手がけた『あまちゃん』に出演しました。このドラマは、東日本大震災から立ち直ろうとする東北の人々を描き、視聴者の心をとらえまし

    10/8

  • 第13回 小泉今日子はなぜ太宰治のファンで、三島由紀夫をきらいなのか

    第13回 小泉今日子はなぜ太宰治のファンで、三島由紀夫をきらいなのか

    ■太宰治ファンで三島由紀夫嫌いの理由 小泉今日子は、2005年から2014年まで、読売新聞の書評委員をつとめました。体験談を交えつつ、飾らないことばで本の魅力を語る――彼女の書評はたいへん好評でした。

    9/2

  • 第12回 なぜ小泉今日子は2010年代に「再浮上」したのか?

    第12回 なぜ小泉今日子は2010年代に「再浮上」したのか?

    ■小泉今日子「再浮上」の理由 2000年代の小泉今日子は、どちらかといえば「渋い」存在でした。「InRed」のような「青文字系雑誌」のアイコンをつとめたり、相米慎二や黒沢清といった、海外で評価されてい

    8/20

  • 第11回 小泉今日子VS宮沢りえ 美しく齢を重ねる方法はひとつではない?

    第11回 小泉今日子VS宮沢りえ 美しく齢を重ねる方法はひとつではない?

    ■『グーグーだって猫である』宮沢りえ版と小泉今日子版の違い 大島弓子原作・宮沢りえ主演のテレビドラマ『グーグーだって猫である』のDVDが発売になりました。犬童一心が監督をつとめたこの作品は、昨年、WO

    8/5

  • 第10回 「本当の自分」を探さない小泉今日子の強さ

    第10回 「本当の自分」を探さない小泉今日子の強さ

    ■時にはオードリー・ヘプバーン、時にはソフィー・マルソー ――変幻自在だった「小泉今日子のアイドル時代」  アイドル時代の小泉今日子の演技には、目を見張らされる点があります。台詞まわしには「経験不足

    6/3

  • 第9回 美魔女はなぜ小泉今日子を目指さないのか?

    第9回 美魔女はなぜ小泉今日子を目指さないのか?

    ■世紀末に生まれた「女子」という概念「女子力」「女子会」「◯◯女子」――近年では、「女性」とは別の独特のニュアンスが、「女子」という語に込められています。 もともと「女子」という言葉は、学校において「

    5/21

この人と一緒に考える

  • 第8回 小泉今日子はいかにして「36歳の危機」を乗り越えたか

    第8回 小泉今日子はいかにして「36歳の危機」を乗り越えたか

    ■「いい女」は36歳で死ぬ? マリリン・モンロー、ダイアナ妃、飯島愛――彼女たちにはひとつ、共通点があります。三人とも36歳で亡くなっているのです。 古来、数え年の37歳(満年齢だと36歳)は、女性の

    4/22

  • 第7回 小泉今日子にとっての「結婚」と「離婚」

    第7回 小泉今日子にとっての「結婚」と「離婚」

    ■永瀬正敏は「憧れの人」だった? 1993年、小泉今日子は雑誌「anan」で永瀬正敏と対談します。 小泉今日子はこのとき、「永瀬さんが言ってた、ジョン・カサヴェテスの映画観ました」と話を切り出していま

    3/26

  • 第6回 「あなたに会えてよかった」の「あなた」は誰か

    第6回 「あなたに会えてよかった」の「あなた」は誰か

    ■最初は作詞を嫌がっていた 1991年、小泉今日子は「あなたに会えてよかった」をリリースしました。この曲はミリオンセラーとなり、彼女のシングル盤の売り上げ記録を更新します。みずから手がけた歌詞は、日本

    2/25

  • 第5回 バブル時代の小泉今日子は過剰に異常だったか

    第5回 バブル時代の小泉今日子は過剰に異常だったか

    ■「広告の時代」のCMクイーン 広告の時代がやって来た――バブル経済前夜からその絶頂期にかけて、さかんにそんなことが言われました。 その頃までに、家電や自家用車といった「生活に必要なもの」は、日本中に

    2/4

  • 第4回 もしも「なんてったってアイドル」を松田聖子が歌っていたら

    第4回 もしも「なんてったってアイドル」を松田聖子が歌っていたら

    ■日本中が「勘違い」していた1980年代 実話をもとにバブル時代を描いた『アッコちゃんの時代』という小説があります(作者は林真理子)。若さと美貌を武器に、金持ちの男たちからふんだんに庇護とサービスを引

    1/8

  • 第3回 小泉今日子とオリーブ少女と森ガール

    第3回 小泉今日子とオリーブ少女と森ガール

    ■「少女」と「消費文化」 小泉今日子が、「女の子に支持される女性アイドル」として、時代を駆けていた80年代半ば、言論界では「少女」ブームが起きていました。宮迫千鶴『超少女へ』(1984)、山根一眞『変

    12/18

この話題を考える

  • 第2回 小泉今日子が“女の子”に支持された理由

    第2回 小泉今日子が“女の子”に支持された理由

    ■刈り上げた理由 あまり知られていませんが、小泉今日子のデビュー曲『私の16才』は、森まどか『ねえ・ねえ・ねえ』のカヴァーでした(森まどかは1978年にデビュー。『ねえ・ねえ・ねえ』は彼女のセカンドシ

    12/4

  • 第1回 小泉今日子の「謎」はどこにあるのか

    第1回 小泉今日子の「謎」はどこにあるのか

    ■はじめに「小泉今日子48歳。年齢は隠しませんが、正直シミやくすみは隠したい」 小泉今日子が、堂々とそう告げたあと、頬のシミにファンデーションを塗る―― そんなCMが、このごろテレビで流れています。 

    11/20

1

カテゴリから探す