犬ばか猫ばかペットばか

  • 第1364回 隙間好きな「モップ」

     友人が「こんな子がいるけど、どう?」と写真付きのメールで紹介してくれたのは、ミルクティー色の小さくてふわふわな雄の子猫。動物病院の前に、段ボールに入れて置かれていたそう。 夫婦ともに猫と暮らすのは初

    週刊朝日

    3/5

  • 第1363回 モンスター犬でも、私は見守る

     明け方、オオッと叫ぶ。そしてパシャパシャと走る足音──。きっとリビングのオシッコシートのほうに駆け出したのだろう。 シートに向かう途中、窓のそばまで行くが、そばの水をひっくり返すことがある。シートか

    週刊朝日

    2/27

  • 第1362回 チーコはどこに? これからも家族だよ

     チーコ(写真)は雌のサビ猫。元野良猫なので年齢は不詳だが高齢のようだ。 初めて会ったのは8年前。後ろ脚の爪をケガして、汚れた姿でわが家の庭に迷い込んできた。最初はフードをあげても決して目の前では食べ

    週刊朝日

    2/20

  • 第1361回 「主治医」のママに感謝のアイ

     わたし、トイプードルの女の子、アイと申します(写真)。生後2カ月で新しいママとパパの元に来て、蝶よ花よと大事に育てられました。箱入り娘でした。そして幸せな時の流れに乗って16歳を迎えました。 ある日

    週刊朝日

    2/14

  • 第1360回 愛くるしさが変わらないモナカ

     私は大の犬好きだが、以前飼っていた愛犬との別れがつらく、もう絶対に犬は飼うまいと心に決めていた。しかし姉がどうしても飼いたいと懇願するので、縁あってまた犬を飼うこととなった。それが柴犬のモナカ(10

    週刊朝日

    2/6

  • 第1359回 ラン子が夫婦円満の秘訣!?

     ラン子(雌、写真)です。4月で18歳になります。 僕がまず転勤で宮崎県に赴任中に出会ったのがラン子のお母さん猫でした。フサフサした長毛の黒茶猫で、当時住んでいたアパートの隣にあった食堂の前に止めてあ

    週刊朝日

    1/31

この人と一緒に考える

  • 第1358回 大切な存在になっていた「クロ次」

     2年くらい前から雄のノラ猫(写真)が来るようになった。その猫と友達になった母は、名前を付けた。「クロ次」 鼻水べじょべじょ。口の周りをベタベタにして牛乳を飲む。ノラだからノミがいる。そのためノミ取り

    週刊朝日

    1/24

  • 第1357回 プディが旅立ち、アローと頑張る

     半年前の朝6時15分。スタンダードプードル(スタンプ)のアロー(写真右、1歳、雄)がベッド脇にきて私を起こした。もしやと思い、階下にいくと、同じスタンプのプディ(同左、12歳、雄)が横たわり息をして

    週刊朝日

    1/17

  • 第1356回 家に入ってきた2匹の野良猫

     ココロ(写真左)とチャチャ(同右。両方とも雌。ココロは保護したとき推定生後半年、チャチャは同じく4、5歳)は野良猫でした。4年前、2匹が庭でケンカしてココロが縁側に飛び込んできたのが出会いです。その

    週刊朝日

    1/9

  • 第1355回 三重県の施設の方に伝えたくて

     私の名前は「まこ」(写真、雌)です。 三重県の動物愛護推進センター「あすまいる」からもらわれてきました。県内の保健所から、このあすまいるに預けられたそうです。 生まれた場所も年齢もわかりませんが、今

    週刊朝日

    12/25

  • 第1354回 やんちゃなクロちゃん

     2年前、黒の子ネコがわが家にやって来た。高校生だった娘が通学中に保護したのである。やせほそった母親のそばで、ニャーニャーと鳴いていたそうだ。娘はコンビニで小さな段ボール箱をもらい、家に連れて帰った。

    週刊朝日

    12/20

  • 第1353回 保護犬「三太」、サイコー!

     6年前に完全リタイアしましたが、その年の12月に飼っていたゴールデンレトリバーを亡くし、続けて年が明けた1月に一緒に飼っていた雑種犬も亡くしました。大変さみしい思いをしていたところ、同居している娘に

    週刊朝日

    12/12

この人と一緒に考える

  • 第1352回 ネコスペシャル(1)ふてぶてしいお姉さんのみけ

     7年前、夫と買い物ついでに立ち寄ったペットショップで、スコティッシュフォールドの雌猫、みけ(写真、7歳)と出会いました。 年末セールの半額以下で売られていた彼女は、ケージの中のおもちゃで元気に遊んで

    週刊朝日

    12/6

  • 第1352回 ネコスペシャル(2)レオが残してくれた形見の品

     愛猫のレオ(写真、雄)が18歳で旅立ってから半年以上たつのに、犬を見ても愛猫に似ていると思ってしまう。私のペットロスは、想像以上に重症なのかもしれない。 レオは亡くなる3カ月ほど前から目が不自由にな

    週刊朝日

    12/6

  • 第1352回 ネコスペシャル(3)まるで犬のような猫「クロ」

     私の腕や足はいつも引っかき傷だらけです。それというのも、飼い猫のクロ(写真、雄)が、「遊ぼうよ」と飛びついてくるからです。 4年前に娘が海外から帰郷してきた折、近くの空き地で子猫が2匹捨てられている

    週刊朝日

    12/6

  • 第1352回 ネコスペシャル(4)早く戻っておいで、ショコラ

     生まれてわずかで丁稚に行った家では、お局猫にいじめられ、次にもらわれた家の人間には「愛想がない」と匙を投げられた。流れ流れて生後4カ月でわが家にやってきたショコラ(写真、雌)は、立派な人間不信となり

    週刊朝日

    12/6

  • 第1351回 散歩好きなバナナしっぽのクロ

     クロ(写真)は14歳の黒柴の雄。100歳の姑の世話をしている妹の家で飼われています。クロは左目が緑内障でほとんど見えないから、気をつけないと階段で脚を踏み外したりドアにぶつかったりします。 兄弟5匹

    週刊朝日

    11/28

  • 第1350回 神様からの誕生日プレゼント

     5年前のある朝。勝手口で子猫の鳴き声が……。 人や車が来た気配もなく、ほぼポツンと一軒家で、子猫が一匹で来られるような場所ではない。空から降ってきたとしか思えない。 飼っ

    週刊朝日

    11/23

2 3 4 5 6

カテゴリから探す