犬ばか猫ばかペットばか

第1416回  夫のありがたみがわかった金と私

第1416回  夫のありがたみがわかった金と私

 突然夫が入院することになりました。2階の夫の部屋で暮らしている猫が、夫がいなくなったショックで、翌日から餌を食べなくなりました。猫の名前は金(写真、雄、16歳)、名づけ親は私です。 いろいろ試みまし

週刊朝日

3/25

  • 第1415回 アンの体臭に慣らされた私

     帰宅して玄関のドアを開けると、アンは身を丸めるようにして喜び勇んで飛んでくる。そして全身全霊でうれしさを示す。 彼女はつぶれたペチャンコ顔に大きな目とピンと張った耳が特徴の、10歳になるフレンチブル

    週刊朝日

    3/15

  • 第1414回 コロナ禍の癒やし猫、ルイ

     2年前の冬、母と娘が「ちょっとペットショップ見てくる」といつもの散歩のように出かけていき、ベンガル種の雄の子猫を連れて帰ってきた。「可愛いでしょ!」と、喜んでいる娘と満足そうな両親の笑顔に、とても「

    週刊朝日

    3/11

  • 第1413回 抱っこ犬からカート犬へ

     その昔、コジロー(写真、雄)は抱っこ犬でした。散歩の終わりが近づくと動かなくなり、ひたすら上を見上げて「抱っこして」の合図です。 コジローが歩いているのを見た近所の方に、「珍しいわね。今日は抱っこじ

    週刊朝日

    3/4

  • 第1412回 間一髪で助かったモモ

     わが家では、猫を複数飼っています。そのほとんどが捨て猫であったり野良だったりした猫で、見つけた場所も状況もそれぞれ異なります。 モモは白黒でハチ割れの猫(写真、雌、2歳)で、用水路の中で見つけて、保

    週刊朝日

    2/25

  • 第1411回 流れに流れ、今は幸せ太りのティーダ

     ハーイ! ティーダ(写真、雌、10歳ぐらい)です。沖縄方言で太陽という意味なのよ。 はじめは東京で飼われていたんだけど、飼い主に子供ができてからは、毛が子供によくないとかで、沖縄の母親のところに送ら

    週刊朝日

    2/18

  • 第1410回 三つのハートマークを持つ「ちび太」

     わが家には、野良猫上がりの「ちび太」(写真、雄、4歳)という飼い猫がいます。 顔を少し傾けるかわいいしぐさと人懐っこい性格で、庭に来ていたときに餌付けすると、警戒心なく家の中へ入ってくるようになりま

    週刊朝日

    2/11

この人と一緒に考える

  • 第1409回 王子様的存在の「らん丸」

     子供の頃から犬や猫、小鳥に金魚などペットに囲まれていた私。結婚してからも犬を飼いたいと思っていたが、正社員で働く私に犬の世話は無理だろうと諦めていた。 しかし、仕事をやめ専業主婦に。年齢的にも「今し

    週刊朝日

    2/4

  • 第1408回「にゃんこ」の歴史は母の歴史

     石垣島からやってきた、その名も「にゃんこ」(写真、雌)。石垣島の友人が飼えなくなり私が譲り受けたが、私も出産後飼えなくなってしまった。 代わりに近所で一人暮らしをしている母が引き取ってくれて早10年

    週刊朝日

    1/28

  • 第1407回 お風呂も車も好きになったビーン

     20年近く私たち夫婦と暮らしてきたマルチーズの小太郎くんが天国にいってから、もう何も飼わないと心に決めていました。 それから10年。13年前、主人に譲渡会に行ってみよう!と誘われ、何カ所かの譲渡会に

    週刊朝日

    1/21

  • 第1406回 健康第一の「ふく」

     6年前の4月、私はネットで近隣のペットショップの猫の画像を食い入るように見つめていました。1カ月前に愛猫の雄のスコティッシュフォールド「まる」を突然亡くし、まるにそっくりな同じ種類の子猫を探していた

    週刊朝日

    1/14

  • 第1405回 高いところが好きなサラ

     現在58歳の私に、最近ふりかかった大きな出来事の一つは、実母が認知症になったことです。また、そのせいで月4、5回は実家の家事援助に行くようになったこと。 そしてもう一つは、パピヨンを飼い始めたことで

    週刊朝日

    1/7

  • 第1404回 ネズミ捕りの名手

     屋敷内にイチジクの木があります。その周辺に、肥料にしようと生ゴミを捨てていたら、野良猫が餌をあさりに来るようになりました。2017年9月のことです。 見かけると追い払っていたのですが、その猫が子ども

    週刊朝日

    12/24

この人と一緒に考える

  • 第1403回 これで終わりではなかった

     4年前、妻が営む喫茶店に犬猫の保護活動をしている人が1匹のスタンダードプードルを連れてきた。 なんでも高齢な飼い主が施設に入り、共に暮らしていた小型犬と猫は早々に引き取られたが、15キロと大型の彼女

    週刊朝日

    12/17

  • 第1402回 ネコスペシャル
    大好きな「阪本」

     今年の年明けの1月3日に新しい家族を迎えた。マンチカンの雄の黒猫で、名前は「阪本」(写真)。 きょうだいのいない一人っ子の娘が黒猫好きで、飼うことにしたのだ。 名前の由来は、Eテレで昔放送していたア

    週刊朝日

    12/10

  • 第1402回 ネコスペシャル
    やりたい放題の3匹の猫

     新型コロナの影響で家に居る時間が長くても、わが家には心を癒やしてくれる宝物がある。 それは家族。ただし、人間ではなく猫である。しかも8匹も。 室内で全部飼っているわけではない。室内で飼っているのは3

    週刊朝日

    12/10

  • 第1402回 ネコスペシャル
    間違ってなかった娘の助言

     アルツハイマーの夫の介護中のため、悲しいし疲れるしで、ハッピーとは言えない日々。海外に住む娘から「猫を飼えば」という助言が。娘曰く、猫がいない生活は人生のムダ、なのだとか。 実は、猫の力を借りたいと

    週刊朝日

    12/10

  • 第1402回 ネコスペシャル
    黒猫は幸せのシンボル

     私が歩き方を指導しているクラスの方のご縁で、五つ子のうち黒猫の雄と雌1匹ずつを引き受け、早10年がたちました。 雄の「二世」(写真左)と雌の「アズ」(同右)です。 アズは不思議で、私が朝目覚めると同

    週刊朝日

    12/10

  • 第1401回 「和」に出会えてよかった

     和(写真)はチワワのミックス犬で、雄の7歳。近くの動物病院から譲り受け、家族の一員に。 家族みんな動物が大好きなので、犬がいたらいいなぁと思っていました。しかし、いろいろ考えると気安く受け入れる気に

    週刊朝日

    12/3

1 2 3 4 5

カテゴリから探す