第1403回 これで終わりではなかった 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1403回 これで終わりではなかった

バックナンバー

ララ(写真右)とプリ(同左)【隅田さん提供】

ララ(写真右)とプリ(同左)【隅田さん提供】

 4年前、妻が営む喫茶店に犬猫の保護活動をしている人が1匹のスタンダードプードルを連れてきた。

 なんでも高齢な飼い主が施設に入り、共に暮らしていた小型犬と猫は早々に引き取られたが、15キロと大型の彼女は新しい飼い主との縁に恵まれず、名古屋、軽井沢、逗子と旅してきたらしい。

 看板犬にどうかと問われたが、命に対して責任が生じることなので丁重にお断りした。しかし、その時の彼女の目が切なくて後ろ髪を引かれた。

 数日後、妻に「あの犬、トライアル(お試し)してみようか」と話を切り出し、急いで聞いてもらったが、別のトライアルが始まったと言われた。

 よかったなと思うのと淋しいのとが混ざった複雑な気持ちだった。でも、これで終わりではないという漠然とした確信が残る。

 2、3日して、「あの娘、トライアル駄目だったんだって。うちに来るよ」と店にいる妻からメールが届いた。

 名前を決めていいのならララ(写真右、11歳)がいい、と妻に伝えた。なんとなくだ。

 こうして、うちにその娘は来た。以前からついていた名前は偶然にもララだった。何という確率なのだろうか。

 犬と見つめ合い、触れ合うと幸せホルモンのオキシトシンが増加するらしい。私たちは朝の散歩と触れ合いで、日々心身ともに癒やされている。

 そして運命の犬ララがきっかけで、後肢が不自由なビションフリーゼの保護犬プリ(同左、雄、2歳)を飼うことにもなった。この子は不憫だからこそなおさら愛おしい。

 2人の子どもが家を離れ、今はシッポがある子どもたちと4人暮らしである。

(隅田英明さん/神奈川県/51歳/会社員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2020/12/17 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい