第1391回 復活したジュン 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1391回 復活したジュン

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュン(浜田さん提供)

ジュン(浜田さん提供)

「あっ、もう! しっかり針刺してくださいよ」

「そんなこと言うたかて、こわいやないか」

 さっきから夫と私が脂汗を出して騒いでいるのは、飼い猫に点滴をしようとしているからだ。

 元ノラ、7歳。わが家に来たのが6月だったのでジュン(写真)。人間でいえば40歳過ぎたオジさんであるが、私にとってはやんちゃ坊主だ。

「またー! ジュン、やめなさい!」。2匹いるお姉ちゃん猫を追いかけまわすので、私は絶えず大声をあげていた。

 ところが、急にぐったりとなって、ほとんど食べなくなった。餌の入った戸棚を開けただけで、飛んで来ていたのに。

 血液検査の結果、クレアチニンなど腎臓の数値が異常に高い。数値が並んだ表に赤くラインが引かれたのを見て、明日にでも死んでしまうのではないかと、涙があふれた。
 先生は「毎日点滴したほうがいいですが、お家でも十分できますよ」。

 ケージに入れて通うのも可哀想だし、夫にしてもらおうと考えた。夫は首をかしげながらも点滴の様子を写メに撮った。

 そして翌日、冒頭の騒動になったのだ。

「あーもう、逃げてしもたやないですか」

「そやから、無理て言うてるんや」

「先生が家でできますっておっしゃったでしょ。しっかりやってくださいよ」

「あかん、あんたやってみいや」

 結局、疲れ果てた私たちは、病院へ行った。

 それから2カ月。点滴、薬、ケア食、何が良かったのか数値も下がり、ジュンはとりあえずまた元気になった。

「これ、ジュン、やめなさい!」。叫び声が私の口からもれる、以前の穏やかな(?)日常である。

(浜田加代子さん/兵庫県/71歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2020/9/24 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい