第1369回 27時間トイレを我慢してくれた君 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1369回 27時間トイレを我慢してくれた君

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
ケンケン(小嶋さん提供)

ケンケン(小嶋さん提供)

 ケンケン(写真、雄)、猫のももちゃんと会うことはできましたか?

 ラブちゃん、パチ君、チャオちゃん、ガロちゃん、プリンちゃん……先に「お空」に旅立った、仲良しだったたくさんのお友達とまた一緒に遊んでいますか?

 ケンケンがおかあさんのところに来たのは、おかあさんが会社を退職した年でした。仕事中心の生活だったので、退職したらゆっくり犬と暮らしたいと思っていたのです。

 おかあさんは子どものころから犬や猫が大好きで、今までたくさんの犬や猫と一緒でした。君は6代目のワンコです。

 地縁・人縁のない場所に引っ越したばかりで、ひとり暮らしの私を毎日の散歩で地域になじませてくれました。今ではたくさんの知り合いやお友達ができました。

 外でしかトイレをしない君は、散歩まで必ず我慢をしてくれました。

 あの東日本大震災の日、朝まで帰宅することができず、結果、君は27時間トイレを我慢してくれました。帰宅してドアを開けると、おしっこをポタポタ垂らしながら小走りで出迎えてくれた姿が目に浮かびます。

 旅行もたくさん行きましたね。関東の、ペットと泊まれる宿はだいたい行きました。写真を見ると、どれにもうれしそうな君の笑顔があります。

 でも、2年前、いつもの病院の検査で腎臓の数値が悪く、心臓に雑音があると告げられました。

 そして、そして……去年のクリスマス・イブ。いつもの夕方の散歩の時間、4時10分前に、君は16歳で、ひとりで「お空」に行ってしまいました。

 アッパレだよ、ケンケン。ありがとう、そしてさようなら! でも「虹の橋」でおかあさんを出迎えるのはもう少し後にしてね。

(小嶋祐子さん/千葉県/75歳/無職)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2020/4/10 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい