第1294回 犬を甘く見ると痛い思いをしますよ! |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1294回 犬を甘く見ると痛い思いをしますよ!

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 豆柴の雌「夏」(写真)、3歳です。

 夏は2代目です。初代の犬も豆柴でした。集合住宅に住んでいるため、ペットは体長が50センチ以下でなくてはならない決まりがあります。そこで豆柴を、それもわざわざ両親の体格まで確認して選びました。

 初代も雌犬で、3月生まれだったので「桃」と名付けました。ところが仕事の忙しさにかまけ、昼間は近所の妻の実家に預けていました。そして、朝夕の散歩以外、ほとんどかまってやれませんでした。

 そういった事情があったせいか、桃はとても手のかからない、おとなしい性格の犬でした。ほとんど吠えることもなく、しつけに困ったこともありません。

 待たされて、待たされて、待たされ続ける犬生だったねと、13歳8カ月の生を終えた桃に詫びました。

 しかし、8月生まれなので夏と名付けた2代目は違います。元気の塊、やんちゃ娘です。

 活発すぎてフローリングをかじります。せっけんを食べます。壁もかじります。散歩の時、少し興奮すると飼い主のアキレス腱のあたりを噛みます。ぐいぐい引っ張り、ダッシュを繰り返します。まるで「世の飼い主様、私たち犬を甘く見ると痛い思いをしますよ」と言わんばかりに暴走行為を繰り返すのです。それでもやっぱり夏は可愛く、夜は一緒に寝ています。

 散歩も、最低でも1日2回、それぞれ1時間前後連れていくことにしています。夏はいつも大好きなボールを持って、近くの松原を散歩しています。

 ずいぶん前にこのコーナーに投稿した方が、たしか書いていらっしゃいました。「幼年期にたっぷり運動した犬が長生きする」と。

 そのことを、桃を十分かまってやれなかった反省も込めて、実践しています。

(吉村和義さん 佐賀県/64歳/書店主)


【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2018/10/ 4 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい