第1215回 せわしない2代目 犬種の特性か 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1215回 せわしない2代目 犬種の特性か

バックナンバー

 去年の暮れに撮ったこの写真、ふたりが、
「チャボさん、来年の干支(えと)はあなたね。犬の私はその次。チャボさんが11歳で私は10歳だけど、まだ現役よね、私たち。
 お兄ちゃんは春に大学へ行っちゃうし、お父さんはあと少しで定年だって。おばあちゃんたちも80歳近いらしい。元気だけどね。
 もうすぐお餅つきだって。イベントよね、あれは。私は竃(かまど)がちょっと苦手。鼻先が真っ黒になるの。おじいちゃんに来ちゃだめだって怒られるのよ。
 いとこの猫のビョンちゃんは来るかしらね。お互いに年をとってもう遊ばないけど、子どものころは追いかけっこしたものよ。同じなの、生まれた年も月も。
 なんかね、私たち動物はこの家の一族がピンチの時に癒やし担当で来ることになったらしいの。
 でもさ、チャボさんの旦那さんは気の毒だったわね。ヘビにやられちゃって。チャボさんは何とかインフルに気を付けてね。私は食べすぎに気を付けるわ」
 なーんて会話をしていることはないだろうけど……。
 小学生のころの次男がよく頭にのっけていたミニチュア・ピンシャーの愛(写真右、雌)も、人間の年齢にすると50歳過ぎ。高3になった次男は、今でも学校から帰るとギュッと愛を抱きしめる。
 先代の愛はチワワで、15年半も生きた。犬種の特性か、2代目の愛はせわしない。そのくせ独り遊びはできず、おばあちゃんの膝の上が安心とばかりに、マッサージ機に座っていようがお構いなしに飛び乗る。
 そういう姿を見て、人は勝手に癒やされるのだ。悪くない共存関係を有史以来重ねてきたのが、こうした動物たちなのかもしれない。
 あと数年で逝ってしまうであろう君たちに、心から感謝してるよ。ホントだよ。

(早川千里さん 岐阜県/50歳/公務員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2017/2/23 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい