第1148回 孤独な仕事 見守って 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1148回 孤独な仕事 見守って

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 仕事中、いつも僕は見つめられています。じーっと視線を送ってくるのは、愛猫の「くるみ」(写真)。雌猫、4歳です。
 なぜ名前をくるみにしたのかというと、初めて見たときに木の実のクルミと見間違えたからです。
 くるみはもともと野良猫でした。子猫だったころ、僕が山で拾ってきて庭に集めておいたクルミの山の上で寝ていました。でも、毛の色があまりにそっくりで、僕はそれに気がつきませんでした。しかし、近づくと何かが動きました。よく見ると、子猫がいたのです。
 くるみはすぐに僕に懐きました。
 僕はカーネーション農家を営んでいます。ハウスでカーネーションを育て、選花場でチェックして出荷します。ハウスと選花場は隣接していて、くるみの住まいは選花場です。
 写真は、僕が選花場で作業しているときに撮ったものです。この写真では見えませんが、丸まったくるみのおなかの下には2匹の赤ちゃん猫がいて、おっぱいを吸っています。もらい手は決まっているので、すくすく育ってほしいと願っています。
 くるみは、僕がハウスで作業しているときも、選花場で作業しているときも、いつも近くにいて僕をじーっと見ています。彼女はいつも僕のことを見つめているようです。
 僕はかなりな猫バカですが、くるみもくるみで僕バカなのかもしれません。
 仕事はやはり大変です。 そして、農家というのは基本的に孤独なものです。そんなとき、誰かに頑張っている姿を見てもらっていると思うと、もう少しだけ力を振り絞って頑張ってみようと思えるものです。
「猫の手も借りたい」という言いまわしがありますが、僕の場合は“猫の目”を借りているのでしょうか?

(瀧本拓也さん 長野県/32歳/農業)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2015/10/22 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい