第1113回 ダイゴとビビ、共通点は引っかき癖 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1113回 ダイゴとビビ、共通点は引っかき癖

バックナンバー

 わが家の3人の娘と妻は大の愛猫家である。当初私は、シッポも振らず、お手もお座りもしない猫とは相性が合わない気がして、なんだかなじめなかった。しかし、ビビを飼っているうちに猫の気持ちが少し理解できるようになった。
 写真は右が大吾(ダイゴ)で3歳くらい、左がビビで9歳くらい。共に雄猫である。ビビは中年猫で、おなかが出てきた。ダイゴはスリムな体形である。
 ダイゴは銀座に捨てられていたのをボランティアによって保護された。警戒心が強かったが、長女が自分の部屋で付きっきりで優しく世話をした。長女がソファで横になるとおなかの上に乗ったり、甘えた声で散歩の要求をしたりする。
 片やビビは、沖縄にいるとき知り合いからもらった。私たちの移動に伴い、千葉に連れてきた。お山の大将だったビビは、ダイゴが来てからは“シャー”の連続だった。シッポを大きく膨らませてダイゴを追い掛けたり、上に乗って威嚇したりしていたが、最近はややおとなしくなった。
 2匹の共通点は、いたるところに爪をたてて引っかくこと。ソファやイスのレザー、壁紙、ふすまは傷だらけである。
 ビビの好物はトウモロコシ、枝豆、お肉、あんこなど、ややおじさん的で、夕食を食べる私の横に座り、おねだりする。娘たちに気付かれないよう、こっそりとつまみをあげる。一方、ダイゴの好物は魚類や鰹節。魚の開きなどを焼くと、2階から急いで下りてくる。
 共働きの妻は帰宅するとすぐにビビとダイゴの名を呼び、お姫さまのような優しい声で彼らに話しかける。私もそんなふうに話しかけてもらいたいと思うこともある──。
 ビビとダイゴがいるお陰で、家族のみんなが和むことが多い毎日である。

(山口和彦さん 千葉県/61歳/理学療法士)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2015/2/12 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい