第1082回 右目が見えないおっとり猫蘭子

2014/07/03 11:06

 蘭子10歳。ソマリの雌です。訳あって彼女が8歳の時、わが家に来ました。
 当時、わが家にはラブラドルレトリバーとミニチュアダックスの雄の成犬がいたので、彼らが蘭子を、また蘭子が彼らを受け入れるか、とても心配でした。それに、8歳という年齢も気になりました。新しい環境に順応するには年を取りすぎているのではないかと。
 幸いなことにそんな心配はすべて杞憂に終わり、蘭子はすっかりわが家になじんでいます。ラブは去年の夏に亡くなりましたが、ミニチュアダックスのサスケ(8歳)と仲良く暮らし、時々サスケの尻尾にじゃれついては、逃げる彼を追いかけて遊んでいます。
 でも、実は彼女の右目は全く見えていないのです。左目もどのくらい見えているのか。どうもあまりよく見えていないようです。このことは、彼女がわが家に来て数週間たったころ、猫じゃらしで遊んでいて気づきました。
 写真は私に「おなかがすいたよ」と訴えているところです。決してギャーギャー鳴いて要求したりしません。私が餌をやるまで静かに待っているのです。
 性格はおっとりしています。でも、視力が弱いために俊敏な動きができず、それを私たちが「おっとりしている」と誤解しているだけなのかもしれません。
 人懐っこく擦り寄ってはきますが、抱っこは断固拒否。抱っこできてもせいぜい数十秒。それを過ぎると、「もういやっ! 離してって言ってるでしょっ!!」といった感じで両手両足を突っ張り、早く離せと抵抗します。また、どんなに寒くても布団の中に潜り込んでくることはありません。私が一緒に寝たいと思っても、せいぜいベッドの端で「寝てもらえる」くらいです。
 それでも大好きだよ、蘭子。

あわせて読みたい

  • 第1360回 愛くるしさが変わらないモナカ

    第1360回 愛くるしさが変わらないモナカ

    週刊朝日

    2/6

    第1059回 店で一目ぼれしたノエル

    第1059回 店で一目ぼれしたノエル

    1/16

  • 生後6カ月のガリガリで保健所に 今は山歩きを楽しむ犬・チャコちゃん

    生後6カ月のガリガリで保健所に 今は山歩きを楽しむ犬・チャコちゃん

    週刊朝日

    12/14

    第1073回 “かつら”、ずっと見守っていてね

    第1073回 “かつら”、ずっと見守っていてね

    週刊朝日

    4/24

  • 第1295回 あえて、捨てられて吉、「捨吉」と命名

    第1295回 あえて、捨てられて吉、「捨吉」と命名

    週刊朝日

    10/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す