第38回 思いっきり泣く (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第38回 思いっきり泣く

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 泣くとスッキリするらしい。

 お医者さんによっては、「笑うのと同じ効果がある」と、言っている。

 たしかに、私自身も泣くとスッキリする。

 そして、泣いた後は、意外にケロリとごきげんになれる時もある。

 人生の中でいちばん泣いたのは、初めて告白してふられた時かもしれない。

 学生時代、何年も片思いだった男性に「ずっと好きだった」と、必死で言葉にしたのに、返ってきた言葉は、「友達としか考えられない」だった。

 ひとりで、車の中でめちゃめちゃ泣いた。あんなに泣いたはずなのに、今となっては、ステキな思い出。

 祖母が亡くなった時も父が亡くなった時もあんなに泣いていない。

 もちろん、他にも何度も泣いたことはある。

 仕事が思うように出来ず自分に悔しかった時、仕事で仲間に裏切られた時など、いっぱいある。

 とはいえ、学生時代の失恋ほど泣いてないのは事実。

 わたしの友人のクリエイターの男性が言った。

「年とともに大泣きができなくなった」

 彼は、泣きたくて映画を観に行くらしい。

「どの映画を観るか」考える時に、「どの映画が泣けるか」で、考えるらしい。

 彼が言うには、

「自分の心が震えないのに、人の心を震えさせるものが作れるはずない」

 確かにその通り。

 わたしだって同じ。

 人に感動してもらいたい。人の感動を創りたい。

 いつもそう思っている。

 なのに、自分自身がかつてほど泣けなくなっている。


(更新 2015/11/10 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

あわせて読みたい あわせて読みたい