第37回 パワースポットを持とう (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第37回 パワースポットを持とう

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 OLもビジネスマンも経営者も結構、パワースポットが大好き。

「ここがパワースポット」などという番組を見たり、記事を読んだ人がそのパワースポットにドッと押し寄せたりする。

 かつて、テレビで「明治神宮にある清正の井戸がパワースポット」と、放送された。

 わたしの友人は、それを観てすぐに行ったら、午前中で整理券がなくなっていたらしい。

 また、パワースポット特集の雑誌やガイドブックなども売れている。

 そして、わたしもパワースポット大好き。

 パワースポット特集の雑誌も持っているし、友人とパワースポット巡りも企画する。

 かつて、わたしがはまっていたのは、奈良の天川弁財天。

 ここは、芸能の神様ということもあって、芸能界ではまっている人も多い。

「天川弁財天に行ったら売れた」

 などと言う芸能人もかなりいる。

 だから、わたしもここでセミナーしたり、祈祷してもらったりした。

「信じるものは救われる」ということで、結構ご利益あると信じている。

 もっとも宮司さんは、

「神社は、誓いに来るところ。自分を鼓舞しに来るところ」

 と、おっしゃっている。

 また、京都には、パワースポットと呼ばれる場所が多い。

「ひとつだけお願いをきいてくれるのが、京都の鈴虫寺」

 ということで、最近人気のお寺だと仲間が教えてくれた。

 パワースポット好きのわたしは、速攻で仲間を誘って行ってみたら、すごい行列……。日によると、1時間、2時間待つこともざららしい。

「僕たちも残業です」と、説法してくれるお坊さんが笑わせてくれる。


(更新 2015/11/ 4 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい