第33回 「受け止める」ということ (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第33回 「受け止める」ということ

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 心理学を学ぶと、必ず出てくる言葉。

「受け止めた時から、模索が始まって、やる気が出てきます」

 人は、事件が起きた時、驚愕する。そして、その驚愕は、「怒り」や「悲しみ」に変わる。けれど、それらを受け止めた時から人の感情は変化していく。

 わたしの友人は、彼に二股をかけられた。彼を責めたら、彼は、別の女性を選んだ。

「別れよう」と、言われた。

「なんでわたしが捨てられるの」

 怒りと悲しみでいっぱいになった。

 どうしてもあきらめきれず、泣いてばかりいた。

 でも、彼が結婚すると知った時に、やっと受け止めた。

「わたし、捨てられたんだ」

「もう、元に戻ることはないんだ」

 その日から模索が始まった。

「どうしたら、忘れられるだろう」

「どうしたら、気分が変わるだろう」

 そして、今まで参加したこともない勉強会やセミナーに出るようになった。

 そこでは、今までと違う人たちと出会うようになった。

「わたしも何か資格を取ってみよう」

 心理学なども勉強した。

 そして、勉強会仲間と恋愛。めでたく、できちゃった婚。

 今は、とっても幸せにしている。

 わたしの知人の経営者の女性がガンになった。

 彼女は、それを受け止められなかった。

「どうして、わたしがガンにならなきゃいけないの」

「わたしの気持ちなんて誰にもわからない」

 と、あちこちで荒れた言動を繰り返した。


(更新 2015/10/ 6 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

あわせて読みたい あわせて読みたい