第29回 価値観を知る

2015/09/01 11:30

 アンディ中村さんの言葉を聞いて以降、若手メンバーが、なぜそんなことを言うかも理解できるようになった。

 平成生まれのメンバーは、生まれた時からパソコンも携帯もあった。比較検討が当たり前だった。

 そして、彼らの価値観には、

「大谷さんは、盛り上がっているけれど、その店に行ってみたら、従業員の態度が悪いかもしれないし、美味しくないかもしれない。行ってから、大谷さんの不機嫌な顔を見るの嫌だよなあ」

 という感情が働いていた。

 それが理解できると、コミュニケーションのとり方も変わってくる。

「ねえ、あそこの店、美味しいかどうかわからないし、従業員の態度が悪いかどうかもわからないけれど、冒険してみょうよ」

 という誘い方になる。

 そんな話をしていたら、ある幼稚園の先生が言った。

「そのとおりよ。それがわかっていなければ、間違って、子どもを叱ることになるんですよ」

「どういうこと?」

 思わず聞き返した。

 彼女が言うには、

「幼稚園の子どもたちが、トイレを流さないの。だから『トイレを流しなさい』と、怒っていたのよ。でも、子どもたちは、キョトンとしているの。そして、ある子どもが言ったの。『どうして流れないの?』って」

 その時、彼女は、初めて気づいたらしい。

「この子たちのマンションのトイレは、自動的に流れるんだ」ということを。

 実際、彼女のマンションのトイレも自動で流れていた。

「なのに、わたし、気づいてなかったんだよね。子どもたちにとっては、その世界しか知らないということを。反省だわ」

 今は、トイレの流し方を子どもたちに教えているらしい。

 わかっているようで、わかっていない人の価値観。

 これからは、楽しく「人の価値観」も研究していきたい。

ごきげんに生きよう

ごきげんに生きよう

1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 目からうろこ! 子どもがトイレを流さない理由を知り反省

    目からうろこ! 子どもがトイレを流さない理由を知り反省

    dot.

    9/1

    第47回 よけいな一言を言わない

    第47回 よけいな一言を言わない

    1/12

  • 世間や自分の「ものさし」だけではわからない 人を傷つけるよけいな一言とは?

    世間や自分の「ものさし」だけではわからない 人を傷つけるよけいな一言とは?

    dot.

    1/12

    植村直己さん没後35年 今も心を捉える理由

    植村直己さん没後35年 今も心を捉える理由

    AERA

    2/11

  • ミスター・トイレが称賛「日本のトイレ文化は『KAWAII』と同様に世界発信すべき」

    ミスター・トイレが称賛「日本のトイレ文化は『KAWAII』と同様に世界発信すべき」

    AERA

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す