第29回 価値観を知る (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第29回 価値観を知る

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 人は、相手の行動を見てその人を判断する。そして、イラッとしたり、「この人と合わない」「この人、うっとうしい」と、思ったりする。

 わたしも、同じだった。

 でも、これからは、

「行動の裏には、その人の価値観がある」

 ということを知っていなければ、人間関係がうまくいかないことをわかっていたほうがいい。

 逆にそのことをわかっていると、ごきげんでいられる。

 そのことを私に教えてくれたのが、講師仲間でふだんは商社で働くサラリーマン、アンディ中村さんだった。

 企業の人たちと話していると、よくこんな話題になる。

「最近の若い子たちは、メール一本で『会社を辞めます』って言うんだよなあ。かんべんしてほしいよ」

「なんでもメールで済まそうとしてほしくないよなあ」

 わたしも、「そのとおり」だと思って同感していた。

 でも、アンディ中村さんは違った。

「彼らは、悪気も何もないよ。それが当たり前だと思っているよ」

「どうして?」

「だって、彼らは、就職活動で必死でエントリーシート書いて、企業の会社説明会に行って、がんばってアプローチしても、メール1本で落とされる経験をしているんだから。メール1本で休んだり、会社を辞めることが悪いことだと思うはずないじゃないですか」

 目からウロコだった。

 原因は、わたしたちオトナが作っていた。

 そんな視点で見ると、いろいろ納得していなかったことが、納得できるようになっていた。

 たとえば、近所にステキな飲食店ができていて、若手メンバーに、

「あんなところにあんな店ができているよ」

 と、盛り上げるつもりで言ったにもかかわらず、

「でも、大谷さん、そこ、食べログで2.8ですよ」

 と、言われて、ムカッときたことがあった。


(更新 2015/9/ 1 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

あわせて読みたい あわせて読みたい