第20回 終わりを意識する (1/3) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第20回 終わりを意識する

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

「もうすぐ定年です」

「この仕事もこれが最後です」

 そんな言葉、20代、30代の時には想像もしなかった。

 わたしだけじゃない。わたしの周囲の人からもそんな言葉を想像もできなかった。

 でも、最近は違う。これらの言葉は、とっても身近になった。

 そして、仲間と飲んでいても、これらの言葉が飛び交うようになった。

「僕たちも、あと数年で定年だよなあ」

「このビルが建つ頃には、もう会社にいないんだよなあ」

 なんとなく寂しいけれど、それも事実。何よりも、

「いつまで生きられるのだろう」

 と、いう話になる時、「終わり」を否応なく意識させられる。

 40歳を超えた時、仲間のひとりが言った。

「30歳の時、40歳を想像できなかったけれど、40歳って、50歳が想像できるよなあ」

 みんなうなずいた。

「なんでだろう」

 と、思った。

 すると、他の仲間で言った。

「マラソンをしているとわかるよ。折り返したら、距離がわかるからだよ」

 みんな納得した。


(更新 2015/6/30 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい