『ZIPANG PUNK』開幕、客席の熱気に感動と感謝!

2012/12/20 15:06

 今、『ZIPANG PUNK ―五右衛門ロックⅢ―』の初日が終わり、初日乾杯をして帰宅したところです。
 まだ、興奮が残っています。
 どんな芝居でもそうですが、やはり初日の幕が開くまでは緊張と不安があります。そして、無事に初日が終わり、お客さんを送り出し、キャストやスタッフと乾杯する時のホッとした感じ。
 新感線の芝居は特に、終わったあとのお客さんの興奮が大きいので、そのうねりみたいなものをこちらももらっているのでしょう。
 帰宅してからも、まだ胸のざわめきが残ります。

あわせて読みたい

  • 作品が完結した後に、作り手が伝えられること

    作品が完結した後に、作り手が伝えられること

    2/28

    日本一のお祭り騒ぎはまだまだ続く

    日本一のお祭り騒ぎはまだまだ続く

    1/24

  • アクシデントを乗り越える、舞台人の強さ

    アクシデントを乗り越える、舞台人の強さ

    AERA

    10/4

    3つの作品が交差した、偶然の一日

    3つの作品が交差した、偶然の一日

    10/25

  • 歌の闇鍋状態?! 稽古佳境の『ZIPANG PUNK』

    歌の闇鍋状態?! 稽古佳境の『ZIPANG PUNK』

    12/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す