マチュピチュ旅行記2 高地で生きる人の知恵

2012/11/08 14:49

 ペルーに着くまで、さんざん治安を心配していた僕とは裏腹に、家内は落ち着いたもの。
 僕がいない時に、ガイドのステファニーさんと、
「ご主人、心配性ですね」
「脚本を書く仕事をしているので、いったんスイッチが入ると想像が止まらなくなって心配になるみたいですよ」
 という会話をしていたようです。
 確かに、悪い想像というか妄想が止まらなくなってしまい、自分でも辟易することがあるのは事実です。
 物語を考える仕事上、何かをきっかけにしてどんどん想像を膨らませていくという頭の中の回路を常にオンにしているので、それが悪い方向に向かうとそうなるんだろうなと思うのですが。一種の職業病かもしれません。

あわせて読みたい

  • マチュピチュ旅行記3 朝日が降り注ぐ天空の都

    マチュピチュ旅行記3 朝日が降り注ぐ天空の都

    11/15

    マチュピチュ旅行記4 チチカカ湖の上でインターネット

    マチュピチュ旅行記4 チチカカ湖の上でインターネット

    11/22

  • マチュピチュ旅行記1 リマ、深夜0時

    マチュピチュ旅行記1 リマ、深夜0時

    11/1

    【岩合光昭】種を越えた絆? インディオの少女や子ヤギと仲良しの「インカ猫」
    筆者の顔写真

    岩合光昭

    【岩合光昭】種を越えた絆? インディオの少女や子ヤギと仲良しの「インカ猫」

    週刊朝日

    2/20

  • 第4回 ペルー 北のマチュピチュに響く雲上のフォルクローレ

    第4回 ペルー 北のマチュピチュに響く雲上のフォルクローレ

    12/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す