気になる雑誌、「昭和40年男」

2011/07/28 18:47

『ぴあ』最終号、いろんな書店で売り切れているようですね。
 やはり最後だけあって、懐かしい思いになる人も多いのでしょう。
 僕も、ずらりと並んだ及川正通さんの表紙イラストを眺めながら、昔を思い出していました。
 付録で、創刊号がついていました。
 さすがにこれは僕も知りません。創刊されたのは、まだ田舎にいた頃です。ただ、その誌面の昭和っぷりは、すごく懐かしい感じでした。
 自分が学生時代、まだ乾式コピーもそう多くなく、学生の同人誌といえばガリ版刷りだったころの匂いがして、タイムスリップする気分になります。

あわせて読みたい

  • 『ぴあ』休刊につきない思い出

    『ぴあ』休刊につきない思い出

    7/14

    『ザ・流行作家』の凄絶な生き様

    『ザ・流行作家』の凄絶な生き様

    4/25

  • 雑誌の世界観をウェブに持ち込む 『BRUTUS』と『ぴあ』の新たな挑戦

    雑誌の世界観をウェブに持ち込む 『BRUTUS』と『ぴあ』の新たな挑戦

    BOOKSTAND

    3/30

    陸に上がった「船大工」が息子に託した復興の夢

    陸に上がった「船大工」が息子に託した復興の夢

    週刊朝日

    4/25

  • 「乗り鉄」だった昭和天皇 お召し列車18万キロの旅

    「乗り鉄」だった昭和天皇 お召し列車18万キロの旅

    AERA

    4/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す