二ヶ月半コツコツと綴った「ぼくとマンガ」

2011/05/19 18:54

 先日、知り合いの編集者と話をしていて、「今回の大震災では、いろんな人の地金が見えたね」という話になりました。
 冷静な判断ができると思っていた人が、自分だけがよければいいという意外な行動を取ったりしてショックだったというのです。
 それに、作家達が、のきなみ原稿が書けなかったとも。
「ああ、僕もそうでしたよ」とうなずきました。

あわせて読みたい

  • 絵が描けなくても大丈夫!「かわいいうちのコを見てほしい」なら、イラストエッセイ始めませんか?

    絵が描けなくても大丈夫!「かわいいうちのコを見てほしい」なら、イラストエッセイ始めませんか?

    dot.

    5/29

    少年マンガ誌を席巻した永井豪とジョージ秋山

    少年マンガ誌を席巻した永井豪とジョージ秋山

    11/17

  • 内田樹「1年かけた父娘の往復書簡 少女マンガを読んで過ごした時間は無駄ではなかった」
    筆者の顔写真

    内田樹

    内田樹「1年かけた父娘の往復書簡 少女マンガを読んで過ごした時間は無駄ではなかった」

    AERA

    6/24

    ベストセラー続出!人気コミックエッセイ作者の“素顔”

    ベストセラー続出!人気コミックエッセイ作者の“素顔”

    週刊朝日

    5/25

  • 吾妻ひでおさんが晩年語った「発禁になるような美少女エロマンガを」

    吾妻ひでおさんが晩年語った「発禁になるような美少女エロマンガを」

    週刊朝日

    10/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す