新感線流音楽劇と ミュージカルの違い |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新感線流音楽劇と ミュージカルの違い

文・中島かずき

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

『五右衛門ロック』の企画のスタートは、演出のいのうえひでのりからでした。

「古田新太主演で、新宿コマ劇場で、音もので行きたいんだ。タイトルは『五右衛門ロック』だ」

音ものというのは、新感線での言い方で、生バンドを入れた音楽劇のことです。なぜミュージカルと言わないかというと、いのうえには独特のこだわりがあるからです。

「歌で物語を進行していくのがミュージカル。普段、自分達がやっている芝居は歌は多いが、実は歌を抜いても物語は成立する。それはミュージカルじゃなくて音楽劇」と言う理屈です。2004年に『SHIROH』というミュージカルをやった時も、「『ロックオペラ』じゃないの?」と尋ねたら、「『ロックオペラ』は、全部歌じゃなきゃいけない。台詞があるのは『オペラ』じゃない」と言われました。だから、『五右衛門ロック』は音楽劇なのです。

新宿コマ劇場ラストサマーということで、夏祭りのような公演にしようというのは僕も賛成でした。

2000人キャパの小屋は大きすぎて、細かい芝居は伝わらないと考えた方がいい。

だったら新感線が過去やってきた、歌って戦ってギャグやってマンガで活劇で、見終わったあとはスカッとして「ああ、面白かった」と言ってもらう、そういう芝居だけど、昔よりも予算も手間も技術もパワーアップさせた決定版を作ろう。それが、昭和の娯楽の殿堂とも言える新宿コマに対する最大のリスペクトではないか。そう思いました。

東京大阪あわせて10万人の動員を目指すと、細川プロデューサーから告げられた時は、さすがにビビりました。

その動員に見合うだけの出演陣にしなければならない。

古田を座長とする新感線のファンの方々もこの数年で飛躍的に伸びています。でも、それだけじゃさすがにこの数字にはならない。

見るからに化学反応が起こりそうなキャスティングが必要だったのです。







(更新 2008/7/28 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

中島 かずき(なかしま・かずき)

 劇作家、脚本家。福岡県出身。1985年より劇団☆新感線の座付き作家に。「阿修羅城の瞳」「髑髏城の七人」などの物語性を重視したエンターテイメント時代活劇"いのうえ歌舞伎"を多く生み出す。「アテルイ」で第47回岸田國士戯曲賞受賞。コミック原作や、アニメ「天元突破グレンラガン」(07、09)脚本・シリーズ構成、「仮面ライダーフォーゼ」(11)メイン脚本など幅広く活躍。脚本を手がけた「真田十勇士」(演出:宮田慶子、主演:上川隆也)が8月から上演される

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい