AERA dot.

チューリング、自社開発のAI自動運転機能を搭載した「THE 1st TURING CAR」を販売開始

PR TIMES

- TURING株式会社



完全自動運転車両の開発・販売に取り組むTURING株式会社(千葉県柏市、代表取締役:山本 一成、以下「チューリング」)は、自社開発のAI自動運転システムと、オリジナルエンブレムを搭載した「THE 1st TURING CAR」を「1台限定」で販売いたします。



「THE 1st TURING CAR」はレクサスRX450hをベース車両として、チューリングが自社開発したAI自動運転システムと、オリジナルエンブレムが搭載されており、チューリングとして初めてエンドユーザー向けに販売する製品です。

■チューリングのAI自動運転機能について

従来の自動運転/運転支援技術は、多種多様なセンサーや周辺領域の高精度3次元データなどを用いて動きを制御するというアプローチをとることがほとんどでした。一方、チューリングのAI自動運転機能は「人間が目で見たものを頭で判断して運転する」のと同様に、特殊なセンサー等を用いず、フロントガラスに取り付けられたカメラで読み込んだ画像データから、白線や前走車をAIが検知/判断し車両を操作します。チューリングはこの技術を、昨年10月に実施された「北海道一周長距離走行実証」を含む、各地での実証で進化させてきました。



※チューリングは将来的に走行エリアや条件の制約がなく、車両操作の全てをシステムが主体となって実施する「完全自動運転」の実現を目指していますが、今回のAI自動運転機能については、あくまでドライバーが主体であり、システムは運転を支援する役割にとどまります。



■エンブレムについて

「THE 1st TURING CAR」を販売するにあたり、チューリングオリジナルのエンブレムも制作しました。



このエンブレムには「日本のシンボルである鶴が降り立ち水面に波紋が広がるように、世界の自動車業界に一石を投じる」「ソフトウェアとハードウェアが両翼となって完全自動運転車を生み出す」という願いが込められています。



■チューリング 共同創業者CTO 青木俊介のコメント

チューリングは自動運転システムをつくる会社ではなく、車両開発まで含めた「完成車メーカー」になることを目指しています。2025年に100台、2030年には10,000台の生産と販売をマイルストーンに置いており、今回の「THE 1st TURING CAR」はその第一歩となる製品で、チューリングにとって非常に重要な意味を持ちます。今回は1台限定の販売となりますが、ご関心のある方は是非お問い合わせください。



■「THE 1st TURING CAR」をご購入希望の方へ

「THE 1st TURING CAR」のご購入を希望の方は以下よりお問い合わせください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSffayDJcNNLwOTZSUt-ozr-hheUOdFNemeBOm63v8-GKD-3bQ/viewform

※2023年1月25日追記。お問い合わせ多数につきフォームを閉じさせて頂きました。



■チューリングについて

チューリングは「We Overtake Tesla」をミッションにかかげ、完全自動運転EVの量産を目指すスタートアップです。世界で初めて名人を倒した将棋AI「Ponanza」の開発者である山本一成と、カーネギーメロン大学で自動運転を研究し、Ph.D.を取得した⻘木俊介によって2021年に共同創業され、AI深層学習技術を用いた限定領域に留まらない「完全自動運転」の実現を目指しています。

なお、シードラウンドで10億円の資金調達を実施済みですが、自社での車両生産体制構築を見据えて2023年中にシリーズAの資金調達を実施する予定です。



社名:TURING株式会社(読み:チューリング、英語表記:TURING Inc.)

代表者:代表取締役 山本一成

設立:2021年8月

資本金:3,000万円(2022年9月末現在)

事業:完全自動運転EVの開発・製造

本社:千葉県柏市若柴226番地44中央141街区1

URL:https://www.turing-motors.com



■採用情報

完全自動運転システム・EV車両を一緒につくる仲間を積極的に募集しています。

採用ページ:https://herp.careers/v1/turing



■報道機関からのお問い合わせ先

広報担当(田中・小野):pr@turing-motors.com


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい