AERA dot.

カケハシ、シリーズCファーストクローズで76億円の資金調達を実施

PR TIMES

薬局DXから、医療の次世代化を目指す



- 株式会社カケハシ



株式会社カケハシ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中尾 豊、代表取締役CEO: 中川 貴史、以下、当社)は、複数の新規投資家および既存投資家を引受先とした総額約76億円の第三者割当増資を実施しました。当社は、これまで約55億円の資金調達を実施しており、今回の調達により累計資金調達額は約131億円となります。



あわせて、新たな事業ドメインの立ち上げとそれをリードする新執行役員の選任をお知らせします。今後は、薬局DXを加速するとともに、その事業基盤を活かした新たな取り組みに着手し、日本の医療が抱える構造的課題の解決を目指します。

直近の事業状況と今後の展望



当社は「日本の医療体験を、しなやかに。」をミッションに、明日の医療の基盤となるエコシステムの創出を目指し、医療従事者やパートナー企業とともに事業を推進してまいりました。



2017年に電子薬歴・服薬指導ツールとしてスタートした薬局体験アシスタント「Musubi」の市場シェアは10%を超え、全国7,000店舗以上の薬局で採択されています。加えて、薬局向けデータプラットフォーム「Musubi Insight」、患者フォローアップアプリ「Pocket Musubi」、医薬品在庫管理・発注システム「Musubi AI在庫管理」と関連プロダクトを複数展開。



現在では薬局の業務支援ツールとして、ひいては2015年に厚生労働省が策定した「患者のための薬局ビジョン」や近年の薬機法改正、診療報酬改定等で問われる“薬局の次世代化”を推進するプラットフォームサービスとして選ばれるようになり、患者さんと薬剤師の関係性向上や服薬アドヒアランス向上、薬局経営改善の実例も多数寄せられています。



今後は、既存サービスの拡充とともに、薬局の医薬品在庫情報を起点とした製薬メーカー・卸事業者・官庁等との連携による医薬品の流通最適化・供給安定化、処方情報の活用による服薬アドヒアランスおよび患者アウトカム向上を実現するための取り組みを行うなど、薬局とともに医薬品産業・医療産業全体へと視野を広げて医療の次世代化を支援していく所存です。

資金調達の目的



既存事業のさらなる伸長を見据え組織基盤を強化するとともに、新規事業の立ち上げを積極化します。具体的には、開発体制強化に向けたエンジニア採用、サービス導入支援・カスタマーサポート体制の強化、新規サービスの立ち上げを含む事業開発を予定。薬局DXの先にある医療体験そのものの進化に、本格的に取り組んでまいります。

本第三者割当増資における引受先一覧(順不同)



〈新規引受先〉

・Axiom Asia Private Capital

・第一生命保険株式会社

・あおぞらHYBRID1号投資事業有限責任組合

・フォースタートアップス1号投資事業有限責任組合



〈既存引受先〉

・グロービス・キャピタル・パートナーズ

・DNX Ventures

・ジャパン・コインベスト

・Salesforce Ventures

本ラウンドに参画した投資家からのコメント



Axiom Asia Private Capital:Managing Partner Chris Loh 氏

Kakehashi’s Musubi is helping pharmacies significantly improve productivity. Having built up a substantial customer base in the industry, we are optimistic that Kakehashi can continue to leverage on its technology to provide more value-added services to its pharmacy customers. We are glad to be able to participate in the future growth of the company.



第一生命保険株式会社:オルタナティブ投資部長 片岡 正史 氏

社会保障費が逼迫する中で、日本の医療の在り方は進化していかなければならず、そのためにはテクノロジーの力が必要不可欠と考えます。カケハシのMusubiシリーズを中心とするプロダクトは、薬局を起点に日本の医療をサステイナブルなものに変えていけるポテンシャルを秘めていると考えており、同社が描く未来の実現に向けて応援していきたいと思っております。

新執行役員プロフィール



西田 庄吾(にしだ しょうご)

東京工業大学工学部卒業後、日産自動車株式会社でのスポーツカー開発を経て、ボストン コンサルティング グループへ。Managing Director and Partnerとして、ヘルスケア領域で製薬・医療機器メーカーのグローバル組織・ガバナンス構築、生産・サプライチェーン改革を中心にさまざまな事業・機能・地域の経営課題解決や、官庁や業界団体の政策立案に携わる。2022年より株式会社カケハシに参画し、執行役員に就任。



インタビュー記事(note):https://blog.kakehashi.life/n/n3f6c23f87b88

イベント開催



“カケハシの今”を知る場として、創業CEOとCTOによる座談会をオンラインで開催します。当日は当社の概要をまとめた「KAKEHASHI Handbook」を紐解きながら、現状だけでなく、カルチャーや組織体制の今までとこれからについてもお伝えする予定です。



・日時:2023年1月25日(水)19:30~21:00

・スピーカー:代表取締役CEO 中川、取締役CTO 海老原

・形式:ウェビナー

・申し込み:https://kakehashi.connpass.com/event/269531/

・参考資料「KAKEHASHI Handbook」:https://handbook.kakehashi.life/

Musubiについて



薬局体験アシスタントMusubiは、薬局・薬剤師と患者さん“双方”の薬局体験をより良く変える次世代型の業務支援サービスです。 Musubiのタブレット端末を患者さんと一緒に見ながら服薬指導し、その場の画面タッチで薬歴のドラフトを自動で作成。さらに患者さんの健康状態や生活習慣にあわせたアドバイスを提示し、+αの付加価値を提供。従来の電子薬歴とは異なり、薬歴業務の効率化と患者さんへの提供価値の向上を“これ一つ”で実現します。2017年8月のリリース以来、導入店舗を拡大し、活用いただいている地域は全国47都道府県に広がっています。

サービス紹介 https://musubi.kakehashi.life/

メルマガ登録 https://musubi.kakehashi.life/musubinews

当社について



「日本の医療体験を、しなやかに。」このミッションのもと、医療現場の課題を深く理解し、最新の技術をもって今までにないシステムを提供することで、社内外の医療従事者とともに日本の医療のより良い未来を切り拓いていきます。



<会社概要>

会社名 株式会社カケハシ

設 立 2016年3月30日

所在地 東京都中央区築地4丁目1-17 銀座大野ビル9F

U R L  https://www.kakehashi.life/



<本件に関する問い合わせ先>

株式会社カケハシ 広報

メール: pr@kakehashi.life

電 話: 03-5357-7853


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい