AERA dot.

11月20日(日)午後9:30~ラグビー「フランスvs日本」生中継で見られるのはWOWOWだけ!解説の田中史朗選手・大野均さんが見どころを語る「日本代表は、やりたいラグビーのブラッシュアップが大事」

PR TIMES
「フランスvs日本」でWOWOWの解説を務める田中史朗選手

「フランスvs日本」でWOWOWの解説を務める田中史朗選手

「フランスvs日本」でWOWOWの解説を務める大野均さん

「フランスvs日本」でWOWOWの解説を務める大野均さん

田中選手、大野さんともに絶賛するリーチ マイケルの存在感 Getty Images

田中選手、大野さんともに絶賛するリーチ マイケルの存在感 Getty Images

強じんなフィジカルを武器にチームに貢献する姫野和樹 Getty Images

強じんなフィジカルを武器にチームに貢献する姫野和樹 Getty Images

https://www.wowow.co.jp/sports/rugby/



- 株式会社WOWOW



「オータム・ネーションズシリーズ」全試合を放送・ライブ配信中!

WOWOWが全試合を放送・ライブ配信中の「ラグビー テストマッチ 2022 オータム・ネーションズシリーズ」もいよいよ後半戦に突入。先日、イングランドに敗れた日本代表は11月20日(日)に23年W杯のホスト国・フランスと敵地で激突する。WOWOWライブで午後9時30分から生放送、WOWOWオンデマンドでライブ配信する。同試合を生中継で見られるのはWOWOWだけとなっている。



解説はレジェンドの共演だ。日本代表で長年ともにプレーし、日本ラグビーの歴史を築き上げてきた田中史朗選手(NECグリーンロケッツ東葛/11・15・19年W杯代表)と大野均さん(東芝ブレイブルーパス東京アンバサダー/07・11・15年W杯代表)が登場。元日本代表で慶應義塾大学監督の栗原徹さんとの豪華トリプル解説で注目の一戦をお届けする。



開催まで1年を切った来年のW杯2023フランス大会に向けて飽くなき挑戦、強化を続ける日本代表にとっては、今年を締めくくる大事な戦いとなる。過去の対戦成績は日本代表の1分け11敗ではあるが、17年には敵地でドロー、今年7月9日の一戦では15-20とわずか5点差で惜敗。歴史的初勝利を目指すこととなる敵地での大一番を前に、田中選手と大野さんに日本代表の現状やフランス戦の見どころを聞いた。



まずはイングランドvs日本の解説を終えた直後の田中選手のインタビューからお届けする。52-13というスコアでの敗戦の中にも、確かな収穫があったという。フランス戦の見どころと併せて話を聞いた。



──まずはイングランド戦の率直な感想をお願いします。



田中「日本はミスもありましたが、そこまで悪い状態ではないと見ています。それ以上にイングランドのプレッシャー、またアウェーでの周りからの応援の力もあってこのような結果になったのではないかと思います」



──日本代表の良かった点を挙げるとすればどのあたりでしょうか?



田中「ラインアウトからのモールディフェンスはしっかりできていましたし、(押されていた)スクラムも後半1本取り返すなど、要所要所で良い部分がありました。ただ、全体的に相手のディフェンスのプレッシャーを受けてミスが多く出てしまったことが敗因だと思います。それでも後半、イングランドが少し疲れてきた時には日本もしっかり対応できるようになり、いいスピードでアタックを継続できていましたので、もう少し相手を疲れさせることができればもっと得点できたでしょう。いずれにしても敵地で厳しい試合を経験したこと自体が日本代表の大きな収穫です。若い選手も出場して、来年のW杯へ良い予行演習になったと思います」

──特にいいパフォーマンスをしていた選手を挙げていただけますか?



田中「フランカーのリーチ マイケル選手はアタックでずっと継続して前に出ていました。非常に良かったです。あとは両スクラムハーフ(流大選手、齋藤直人選手)ですね。いいテンポでボールをさばいていたことに加えてサポートの面も素晴らしく、齋藤選手はトライを取ってくれました。本当にレベルの高い、世界的なスクラムハーフの2人だなと思います」



──バックス全体についてはいかがでしたか?



田中「全体的に個人でラグビーをしてしまっていた印象があります。チームで動いてトライを取るのが本来の日本のスタイルです。イングランド戦はそういう場面がなく、たとえばセンターのディラン・ライリー選手が一人で抜けてもその後のサポートが続かずミスして終わってしまったり、キックから簡単に相手ボールにしてしまうというシーンが多く見られました。また、流選手や齋藤選手が常に声を出していたのに対して、スタンドオフの選手が少し静かだったようにも感じましたので、チーム全体でもっとコミュニケーションを取ってプレーしてもらいたいです」



──フランス戦ではどのあたりが重要になるでしょうか?



田中「イングランドには敗れましたが自分たちを見つめ直して、しっかり相手を見てプレーしてほしいですね。フランスは個人個人が強く伝統のシャンパンラグビーが復活してきたように感じますので、一人一人がしっかりタックルすること、そして確実にボールをキープすることが大事だと考えています」



──解説には元日本代表の大野均さんもいらっしゃいます。



田中「楽しみですね。大野さんはあまり多くを語らない方なので、解説でどんなことを話してくれるのか今から待ち遠しいです」

続いて、98キャップという日本代表史上最多記録を持つもう一方のレジェンド、大野均さんのインタビューだ。今年6月には今回の試合の開催地、フランスのトゥールーズを訪れており、会場となるスタジアム・ドゥ・トゥールーズでは07年W杯のフィジー戦に出場している。まずは現地で感じたことから話を聞いた。



──今回の開催地、トゥールーズの街とスタジアムの印象をお願いします。



大野「街中にTOP14のトゥールーズのチームエンブレムが掲げられていて、街を挙げて応援しているのが伝わってきます。ラグビー関係者としてはすごく居心地のいい街ですね。会場のスタジアム・ドゥ・トゥールーズには07年W杯のフィジー戦でグラウンドに立ったのですが、客席との距離が近いのでお客さんは直にラグビーの魅力を感じることができると思います。選手にとってもお客さんの応援が励みになる、そんなスタジアムです。そのフィジー戦で『ジャポン』コールをもらったのはいい思い出ですね」



──その大舞台に立つ日本代表の、イングランド戦を踏まえての課題、収穫をそれぞれお願いします。



大野「やはりホームのイングランドは強かったな、という印象です。日本代表は単純なハンドリングミスが多く、特に前半はスクラムでのペナルティも多くなりました。ただ、ボールをハイテンポで出して継続する本来の日本代表のアタックが世界に通じることはすでに確認できていますし、今はラインアウトもチームの強みになっています。前半はやられたスクラムも後半にはしっかり立て直していましたので、修正能力も付いてきているなと感じています」



──日本代表と東芝ブレイブルーパス東京のロックの後輩にあたるワーナー・ディアンズ選手のパフォーマンスはいかがでしたか?



大野「20歳にしてあのような高いレベルでしっかりとプレーできているので、本当に頼もしいです。キックオフやラインアウトでは彼がいることによって彼の高さそのものが日本の武器になります。特にラインアウトではアタックだけでなくディフェンスでも相手に強くプレッシャーをかけていました。あの体格で低いプレーもできますので、今後ますます成長が期待できる選手だと思っています」



──長年ともに過ごしてきたフランカーのリーチ マイケル選手についてもお願いします。



大野「34歳になった今でもこれだけ素晴らしいプレーを見せてくれていますので、本当に頼もしいです。やはりチームの大黒柱ですし、彼自身も今とても充実していると思います。19年W杯終了後に体のメンテナンスをして、それを経てハードトレーニングを継続してできていることが今のパフォーマンスの向上につながっているのではないでしょうか」

──他にも期待されている選手がいればお願いします。



大野「たくさんいますが、バックローの姫野和樹選手は引き続き世界に通用するフィジカルで貢献してくれています。あとはセンターのディラン・ライリー選手です。23年W杯まであと10ヶ月ありますが、まだ若いのでさらに成長するのでないかと思います」



──いよいよフランス戦です。試合のポイントとなるのはどのあたりでしょうか?



大野「キックでプレッシャーをかけてくる相手の戦略に対していかに修正できるか、そしてイングランド戦でやられてしまったスクラムでどれだけ事前に準備できるか、この2点に注目しています。フランス戦では前半からスクラムでやられないようにしっかり対応してほしいですし、そういう意味では、フランスにどう対応するかということ以上に、日本代表がやりたいラグビーをさらにブラッシュアップすることが大事だと思います」



──今のフランスの印象についてもお願いします。



大野「一部メンバーの変更はありそうですが、世界トップのチームであることに変わりはありません。そんなフランスに対して今の日本代表の力がどこまで通用するのか、非常に楽しみにしています。また、フランスはスクラムに世界一こだわっているイメージがありますので、日本代表が特にディフェンス時のスクラムでいかに相手からのプレッシャーを抑えられるか、という点にも注目しています。その意味では日本代表の3番の選手が鍵になりそうです」



──今年渡仏した際に会って話をされたスタンドオフのロマン・ヌタマック選手についてはいかがでしょうか?



大野「プレーを見ていてもしっかりとフランス代表をコントロールしていることがわかりますし、彼がいることでチームが落ち着いてプレーできているのだろうと感じています」



──今回は田中史朗選手、栗原徹さんとのトリプル解説です。最後に解説への意気込みをお願いします。



大野「田中選手とは久しぶりに会うので、解説を楽しみたいと思います。同期の栗原さんはラグビーの知識が豊富です。私も一緒に見ながら勉強させていただきたいと思っています」

田中選手、大野さんともに、日本代表の現状を悲観することなく勝つ上での武器となり得るストロングポイントを見出している。世界を経験してきた百戦錬磨のレジェンドたちの心強い解説、そして日本代表の頼もしいプレーを、ぜひWOWOWで見届けていただきたい。



またWOWOWでは、WOWOWラグビー宣伝隊長・しんや初の冠番組「しんやのオールナイトラグビー第3夜 ~今夜もしんやとLet’s朝まで生ラグビー&フランス戦前夜祭~」を、オータム・ネーションズシリーズの放送・配信に合わせて11月19日(土)午後9時45分から約9時間ぶっ通しでWOWOWオフィシャルYouTubeでライブ配信 (https://youtu.be/XUqwA8hxh_g)。今回は日本代表応援ゲストとして、高比良くるま(令和ロマン)の出演が決定!真剣勝負が繰り広げられる試合中継の合間に、ホッと一息つける“憩いの場”になること必至だ。各試合の応援はもちろんのこと、試合の解説や実況を終えた豪華メンバーがフラッと立ち寄ってのラグビー談義や、いきなりゲーム対決が始まったり?どんな“化学反応”が起こるのか目が離せない。こちらも是非お楽しみいただきたい。



【番組情報】

「ラグビー テストマッチ 2022オータム・ネーションズシリーズ」


10/30(日)~11/27(日)全21試合を放送・ライブ配信!

※各試合終了後、WOWOWオンデマンドでアーカイブ配信あり



【日本代表戦 番組情報】

11/20(日)午後9:30フランスvs日本 [WOWOWライブ][WOWOWオンデマンド]

ゲスト解説:田中史朗 解説:大野均、栗原徹




【その他 今後の試合日程】

<第4週>

11/19(土)ウェールズvsジョージア/イタリアvs南アフリカ

11/20(日)スコットランドvsアルゼンチン/イングランドvsニュージーランド/アイルランドvsオーストラリア



<第5週>

11/27(日)ウェールズvsオーストラリア/イングランドvs南アフリカ



【放送予定などの最新情報は番組公式サイト、公式SNSをチェック!】

【WOWOWラグビー公式サイト】https://www.wowow.co.jp/sports/rugby/

【WOWOWオンデマンド】https://wod.wowow.co.jp/

【WOWOWラグビー公式ツイッター】https://twitter.com/wowow_rugby


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい