AERA dot.

ユーグレナ社の2代目CFO川崎レナが「国際子ども平和賞」を日本人として初受賞

PR TIMES
ユーグレナ2代目CFO 川崎レナ

ユーグレナ2代目CFO 川崎レナ

2代目CFO川崎とFutureサミットメンバー

2代目CFO川崎とFutureサミットメンバー

2代目CFO川崎とFutureサミットメンバー

2代目CFO川崎とFutureサミットメンバー

歴代受賞者にはグレタ・トゥーンベリさんら



- 株式会社ユーグレナ



株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:出雲充)は、18歳以下のCFO(Chief Future Officer:最高未来責任者)の2代目である川崎レナが、第18回国際子ども平和賞(The International Children's Peace Prize)を受賞したことをお知らせします。国際子ども平和賞の歴代受賞者は、パキスタンの人権活動家マララ・ユサフザイさんやスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんなどで、日本人の受賞は初となります。

国際子ども平和賞は、国際的な児童権利擁護の非営利組織であるキッズライツ財団(オランダ・アムステルダム 理事長:マーク・デュラート https://www.kidsrights.org/)が主催する、子どもの権利のために大きく貢献した若者に贈られる賞です。2005年にローマで開催されたノーベル平和賞受賞者世界サミットにおいて創設され、以来、ノーベル平和賞の受賞者が同賞の授与を担っています。11月14日(月)にオランダのハーグで開催された第18回国際子ども平和賞の授賞式では、当社2代目CFOの川崎レナが、イエメンのノーベル平和賞受賞者タワックル・カルマン氏から賞を授与されました。



■川崎レナ プロフィール

ユーグレナ2代目CFO 川崎 レナ(2005年生まれ/大阪府出身)

大阪府のインターナショナルスクールに通う17歳。趣味はミュージカル。

WWFユースメンバー、特定非営利活動法人JUMPのワークショップ選抜メンバーなどを務めるほか、世界61ヵ国で展開される国際的な若者の組織であるアース・ガーディアンズ・ジャパンの日本支部を2020年に創設しディレクターを務めるとともに、2022年にInternational Youth Council に就任。

Global Startup ConnectionやICEFなどにも登壇している。



CFO特設Webページ https://www.euglena.jp/cfo/2020/



<株式会社ユーグレナについて>

2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナの食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ、クロレラなどを活用した食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の製造開発、遺伝子解析サービスの提供を行っています。また、2014年よりバングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」を継続的に実施。「Sustainability First(サステナビリティ・ファースト)」をユーグレナ・フィロソフィーと定義し、事業を展開。https://euglena.jp


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい