12のメッセージツールを1アプリで管理できる、「OneChat」が本日リリース 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

12のメッセージツールを1アプリで管理できる、「OneChat」が本日リリース

PR TIMES

SlackやGmail、Chatworkなど、12のメッセージツールに対応



- OneChat株式会社



あらゆるメッセージを1つのアプリで送受信できるサービス「OneChat」をOneChat株式会社(本社:大阪府大阪市天王寺区上汐4-5-11、創業者:立花 侑・イナバ カツヒロ)が2022年9月12日にリリースしました。公式HP(https://onechat.jp/)よりダウンロードが可能です。

「OneChat」のコンセプト



会社によって異なるメールツールやチャットツールなど、連絡手段が多様化。「連絡先に応じてツールを切り替えるのが大変だな」と感じた方も多いのではないでしょうか。



事実、新型コロナウイルスの影響でテレワークが急激に推進される「以前」の2018年に行われた調査ですら、「一人あたりのチャットツール平均利用数は3個」という結果を出しています。(※1)



この多様化は利便性に加えて、メッセージの返信漏れや業務効率の低下といった副作用も含まれます。

そんな問題を解決するツールが「OneChat」です。

「OneChat」の概要



「OneChat」は、1つのアプリであらゆるメッセージツールの確認・返信が可能なチャットアプリの一元管理サービスです。



※2022年9月11日現在、対応しているメッセージツールは以下の通り



・slack

・Gmail

・facebook messenger

・chatwork

・LINE Business

・Microsoft Teams

・Discord

・Yahoo!メール

・Outlook

・twitter

・instagram

・Skype



また、「全てのツールの最適な管理システム」を目指して、以下のような独自機能も提供しています。



1:slackやGmailに新規メッセージが届いた際は、通知が届く。



2:チャットUIの独自サービスでnotionやevernote、google driveといったサービスを開ける。



3:Googleカレンダーなどの予定管理サービスにも対応。



more to come…

利用者の声:株式会社URUOS・岡田 潤一「返信速度が向上した」

「お客様によってチャットツールやメールなどさまざま使用しています。どうしてもあまり使用しないツールの場合は、レスポンス速度が下がってしまい悩んでいましたが、OneChatを活用したおかげで返信速度が上がり、結果、お客様の満足につながりました。」

利用者の声:株式会社PENGIN・粟飯原 匠「メッセージの確認漏れが減った」

「複数のチャットアプリを使用しているので、メッセージの確認漏れに悩んでいましたが、OneChatを活用したおかげで確認漏れが減りました。」

「OneChat」の料金プラン



・初期費用:0円

・月額利用料:220円(※初月0円キャンペーン実施中)

・ダウンロードページ:https://onechat.jp

会社概要



会社名:OneChat株式会社

本社住所:大阪府大阪市天王寺区上汐4-5-11

設立:2021年3月5日

創業者:立花 侑・稲葉 雄大

事業内容:アプリケーションソフトウェアの企画、開発、制作、販売及び保守


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい