日米で活躍の総合芸術家・丘山晴己の初個展、代官山アートギャラリーDRELLAで開催 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日米で活躍の総合芸術家・丘山晴己の初個展、代官山アートギャラリーDRELLAで開催

PR TIMES
DRELLA 代官山アートギャラリー

DRELLA 代官山アートギャラリー

- 株式会社Cool Japan TV



株式会社Cool Japan TV(本社 : 東京都渋谷区、代表取締役 : 赤峰俊治)がアート事業を目的として設立した新会社「DRELLA」の代官山アートギャラリーにて、日米を拠点にアーティスト、ダンサー、俳優として活躍する総合芸術家・丘山晴己の初個展「KIYAMA HARUKI Solo Exhibition - HELLO my name is」が開催される。

日本舞踊家の父・花柳伊三郎とバレリーナの母・小山加代呼との間に生まれ、両親ともに舞台表現者である芸術に親しむ家庭環境より、幼少期から日本舞踊・バレエ・油絵などの英才教育を受けた丘山晴己は14歳でアメリカに渡り、ウェストタウンスクールにて高校卒業。グラフィックデザインでフィラデルフィア芸術大学に入学、パフォーミングアーツで美術学士(BFA)を取得し卒業。全世界で人気のイリュージョン「The Illusionist」では初の日本人出演者としてブロードウェイデビュー。

現在は、刀剣乱舞を始めとするミュージカルの舞台俳優、自身のアパレルブランド「ASCENDED」のデザイナーなど、総合芸術家として活躍。今回初となる個展では、これまでアパレルとして展開し、常に発表と同時に完売となってきたテディベアアートのリリース5周年を記念して、油絵、デジタルアートなどの初公開作品を展示。青春時代を過ごしたアメリカのポップカルチャーを通過したアートセンスと、ユーモラスで遊び心溢れる感性は、見る者を童心に帰し温かい気持ちにさせてくれる。

丘山晴己コメント

「テクノロジーが目覚ましい発展を遂げて行く中、様々な物事が、速く、便利になっていく反面、緩やかに思考や感覚を育む時間は減っていることを感じます。このような時代だからこそ、答えのない表現の世界を自由に感じることは大切だと思います。一枚の絵に宿る感覚やエネルギーは、AI には生み出せないものです。アートは、物質的には止まっていますが生きています。僕は、アートはライブエンターテイメントだと思っています。僕のアートに触れてくださる方にワクワクを提供できれば嬉しいです。」



【イベント名】

丘山晴己 Solo Exhibition

「HELLO My Name Is」in Tokyo

presented by DRELLA



【会期】

9/23(fri) - 10/2(sun) 12:00-20:00

※ 入場無料



【会場】

DRELLA - Art Gallery

〒150-0034

東京都渋谷区代官山町15-10 Grove 代官山 1F


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい