冨永愛の息子・冨永章胤(あきつぐ)が『VOGUE JAPAN』でデビュー。パルファン・クリスチャン・ディオールスペシャルシューティング公開。「こんな大変な仕事を25年、続けてきた母を改めて尊敬します」 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冨永愛の息子・冨永章胤(あきつぐ)が『VOGUE JAPAN』でデビュー。パルファン・クリスチャン・ディオールスペシャルシューティング公開。「こんな大変な仕事を25年、続けてきた母を改めて尊敬します」

PR TIMES

『VOGUE JAPAN』10月号本誌インタビューにてデビューや親子の思い出について語る。



- コンデナスト・ジャパン

 世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』は、今秋、Head of Editorial Content(ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテント)のTiffany Godoy(ティファニー・ゴドイ)のディレクションのもと、大々的なリニューアルを行います。リニューアル第1号の10月号(9月1日発売)では、パルファン・クリスチャン・ディオールとのコラボレーション企画を実施。スーパーモデル・冨永愛と、今号が名前を出しての活動が初となる息子の冨永章胤(あきつぐ)を起用した、スペシャルシューティングと独占インタビューを掲載します。



 パルファン・クリスチャン・ディオールからの新商品「ルージュ ディオール フォーエヴァー スティック」と「ジャドール パルファン ドー」の発売を記念し、リップスティックと香りを纏った冨永愛と息子の章胤。「今日一日、息子がすごく成長しているのを目の当たりにして、それも私にとって思い入れのある『VOGUE JAPAN』で、というのが何より嬉しいですね」や、「母の撮影を見て、やっぱりかっこいいなって改めて尊敬の気持ちが大きくなりました」と語るなど、仲睦まじい様子を見せた親子初共演の堂々たる姿は必見です。さらに、冨永親子による本カットを、8月29日(月)より東京メトロ表参道駅に掲出します。※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

 また、本誌発売日の9月1日(木)より、『VOGUE JAPAN』ウェブサイトでインタビュー記事も公開予定です。

■撮影の様子(本誌より抜粋)

 179cmの冨永愛をゆうに追い越す188cmの長身で、母である愛とともに登場した冨永章胤。母に抱かれてランウェイデビューも、幼少期に母と誌面デビューも果たしていますが、本格的な撮影に自分の意志で参加するのは今回が初。「スタジオに向かうときは緊張して今にも倒れそうでした」と話す章胤も、いざ撮影となると、周囲が息を呑むほど堂々とした姿でカメラの前に立ち、撮影が進むにつれて表情は柔らかく、悠然としてなんとも頼もしい様子でした。「少し前、息子から『モデルに興味がある』と相談されたときはうれしい反面、この世界の厳しさを知っているだけに複雑な思いもありましたが、撮影現場での姿を見て、安心しました」と話す愛と、「こんな大変な仕事を25年続けてきた母を、改めて尊敬します。撮影の後、僕は疲れ過ぎて、抜け殻のようになってしまったので」と振り返る章胤。愛と未来と変化が交錯する、奇跡のセッションをお楽しみください。



冨永愛(とみながあい)

15歳でデビュー、17歳でNYコレクションに参加。以降、世界を舞台にトップモデルとして活躍し、俳優や社会貢献活動などさまざまな分野へ。著書に『冨永愛 美をつくる食事』(ダイヤモンド社)など。この9月でデビュー25周年に。



冨永章胤(とみながあきつぐ)

雑誌やデジタルメディアに登場するのは今回が初。今後はモデルや俳優業への挑戦も視野に入れて活動する。直近では、自身のYouTubeチャンネル「冨永章胤ch」の配信をスタートした。



【パルファン・クリスチャン・ディオール】

1947年に誕生した「クリスチャン・ディオール」のコスメティックライン。「女性を美しくするだけでなく、幸せにしたい」というムッシュ ディオールの理念は、今日まで受け継がれています。トータルビューティーブランドとして常に新しいトレンドを創り続け、女性の魅力を高めながら、幸福感をもたらすクリエイションを届けています。

公式サイト:DIOR.COM

TWITTER:@DIORBEAUTYJP

IG:DIORBEAUTY



【VOGUE JAPAN】

1892年に米国で創刊し、現在28のエディションで発行される、世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版として、1999年7月に創刊。世界のトップフォトグラファーとのコラボレーションによる美しいヴィジュアルが誌面を飾り、最新のファッションとビューティーの情報から文化・社会的なトレンドまで、洗練された“ヴォーグの世界”を展開。2020年にはダイバーシティ&インクルージョン、サステナビリティ、ワーク&ライフに主軸をおいた「VOGUE CHANGE」もスタート。ウェブサイト、SNSを中心にインサイトに満ちたオリジナルコンテンツを発信している。

公式サイト:https://www.vogue.co.jp

Facebook:VOGUEJAPAN

Twitter:voguejp

Instagram:voguejapan

TikTok:voguejp

YouTube:VOGUE JAPAN


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい