【川西市】第74回猪名川花火大会の中止について 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【川西市】第74回猪名川花火大会の中止について

PR TIMES

- 川西市



 川西の医療・救急体制を確保するため、市の本来すべき業務に集中するとともに、市民の日常生活の安全の確保を第一に考え、8月20日開催予定であった第74回猪名川花火大会を中止する。

 兵庫県川西市、大阪府池田市、猪名川花火大会開催委員会は平成30年の開催以来、4年ぶりとなる同花火大会を令和4年8月20日(土)に開催すべく、関係機関などと協議し、準備を進めてきた。



 一方で、新型コロナウイルス感染症は、全国はもとより、大阪府、兵庫県の両府県においても、これまでにない速さで拡大しており、その勢いはとどまるところを知らず、医療・救急体制が逼迫するとともに、社会機能の維持が困難となり、市民の生活安全を脅かしかねない状況となっている。



 加えて、大阪府で重症化リスクのある高齢者や基礎疾患を有する人への不要不急の外出自粛を要請している中、都市間の大規模な人流を伴う同花火大会を開催することは、医療・救急体制のさらなる逼迫を招くことが懸念される。



 そのため、医療・救急体制、社会機能を維持するとともに、市民の日常生活の安全の確保を第一に考え、第74回猪名川花火大会を中止することを正式に決定した。

【川西市長コメント】

 川西市としても、コロナ禍の中でも、4年ぶりに開催すべく関係機関と協議を重ね、あと一歩というところまで漕ぎつけました。そのような中、新型コロナウイルス感染症の第7波により、急速に拡大し、市民の日常生活に支障をきたすまでになっています。



 この現状を踏まえると、川西の医療・救急体制を確保するため、市の本来すべき業務に集中し、市民の日常生活の安全を守ることが私の使命であると考えています。



 多くの方が楽しみにされていたことと存じますが、今回の中止の判断について、ご理解をいただきたいと思います。



 来年こそはコロナ禍が落ち着いて、皆さんと一緒に盛大な猪名川花火大会を楽しめるように、準備を進めていきたいと考えています。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい