「楽天ペイ(実店舗決済)」、タッチ決済に2022年秋頃対応 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「楽天ペイ(実店舗決済)」、タッチ決済に2022年秋頃対応

PR TIMES

- 楽天ペイメント株式会社



 楽天ペイメント株式会社(以下「楽天ペイメント」)は、「楽天ペイ(実店舗決済)」において、2022年秋頃より、クレジットカード主要6ブランドのタッチ決済に対応することをお知らせします。

 「楽天ペイ(実店舗決済)」は、クレジットカード利用促進に向け、店舗様のニーズにお応えするための新たなマーケティング施策や、安心・安全に使っていただくための様々な取り組みを行ってきました。タッチ決済では、現金の受け渡しが不要となるだけでなく、従来のクレジットカード決済時に必要だったカードの受け渡し、カードリーダーへの挿入や暗証番号の入力も不要となります(注1)。

 今後、タッチ決済の市場はますます拡大していくと予測されており、実際に店舗様からも非接触決済に対応したいというお声を多く受け、このたび、「楽天ペイ(実店舗決済)」はタッチ決済に対応することとなりました。



 楽天ペイメントは、キャッシュレス決済を利用できる機会を拡大し、よりお得で利便性の高い決済体験を利用者に提供すべく、サービスの向上を図っていきます。



■概要

・対応ブランド:Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover

・リリース時期:2022年秋頃予定

・加盟店様へのメリット:

1.スピーディー

端末にかざすだけで決済が完了するため、スピーディーに決済ができ、業務効率化や顧客満足度向上に繋がりま  す。またお客様にとっても、プリペイド型の電子マネーなどと違いチャージが不要なので(注2)、決済額によらず簡潔に支払いを済ませることが可能です。

2.衛生的

新型コロナウイルス感染症の流行以降、店舗での衛生管理はより一層重要視されています。タッチ決済では現金・カードの受け渡しや暗証番号の入力が不要なため、非接触で会計ができ衛生的に安心です。

3.インバウンド対応

タッチ決済は日本以上に世界各国で普及している現状にあります。そのため、インバウンドの決済ニーズにも対応することが可能となります。



(注1)一部タッチ決済においてサインが必要となる場合があります。

(注2)プリペイド型クレジットカード決済を除きます。



※「楽天ペイ(実店舗決済)」でのタッチ決済は、今後配信予定のカードリーダーならびにアプリのアップデートを行うことで、新規加盟店様/既存加盟店様どちらも対応可能です。

※一部アップデートに対応していないスマートフォンもしくはタブレットがあります。予めご了承ください。

対応機種ページ:https://pay.rakuten.co.jp/business/device/



【楽天ペイ(実店舗決済)について】 https://pay.rakuten.co.jp/business/

「楽天ペイ(実店舗決済)」は、クレジットカード・電子マネーおよびアプリ決済をオールインワンで簡単に導入できる実店舗向けキャッシュレス決済サービスです。



【楽天ペイメント株式会社について】 https://payment.rakuten.co.jp/

楽天ペイメント株式会社は、楽天グループの中で決済・マーケティングを中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。現在、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天チェック」、「楽天Edy」、「楽天キャッシュ」のサービスを運営しています。お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングプログラムによるビジネス支援を提供しています。

                                                以 上


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい