家計簿プリカ「B/43」を提供するスマートバンク、シリーズAで20億円の資金調達を実施 #B43 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

家計簿プリカ「B/43」を提供するスマートバンク、シリーズAで20億円の資金調達を実施 #B43

PR TIMES

ふたりで使える「B/43ペアカード」の拡大に注力



- 株式会社スマートバンク



家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」を提供する株式会社スマートバンク(本社:東京都品川区、代表取締役:堀井 翔太、以下「当社」)は、グロービス・キャピタル・パートナーズ、グローバル・ブレイン、Z Venture Capital、ANRI、三井住友海上キャピタル、DBJキャピタルを引受先とした第三者割当増資により、シリーズAラウンドにて総額20億円の資金調達を実施いたしました。

調達した資金をもとに、夫婦や同棲カップルの家計管理をサポートする「B/43ペアカード」の拡大に注力いたします。なお、当社はこれまでに10億円の資金調達を実施しており、この度の調達により累計調達額は30億円になります。

資金調達の背景と目的:新市場の開拓とNo.1プロダクトとしての市場拡大に挑戦



当社は『お金を「使う」「貯める」「増やす」を誰もが当たり前にできる未来をつくる』というミッションのもと、Visaプリペイドカードと家計簿アプリがセットになった新しい支出管理サービス、家計簿プリカ「B/43」 を提供しています。2021年4月にリリースし、累積決済件数100万件超え、決済取扱高は月間数億円にのぼります。



その中でも、パートナーと家計を共同で管理できる「B/43ペアカード」では、3ヶ月利用したお客様は、それ以降もほぼ100%の方が継続して利用しています。また、継続するにつれて利用者の月額利用金額は上昇しており、利用開始翌月には約1.6倍、10ヶ月後には約2.8倍にまで増加。パートナーとの生活費支出のメインカードとして使われていることがわかります。

世の中の流れとして共働き世帯が増加傾向にある中、片働きに比べて収入・支出内容が複雑で家計全体のお金の流れや貯蓄の現状を把握しづらい課題が存在します。しかし、日本市場には共同で家計の管理ができるサービスがなく、どちらか一方に管理の手間が集中したり、お互いの立替精算が面倒だったり、簡単に今月の支出状況が確認できなかったりと、2人の家計管理方法には多くの課題が残されていました。「B/43ペアカード」は、2人の共同口座とそこに紐づく2枚のカードが発行され、アプリに支出状況がリアルタイムに反映されます。上記の課題を解決し、2人で簡単にキャッシュレスでの家計管理ができることで、これまでの2人の家計管理における手間が解消されたことで高い満足度を実現しています。さらに、これまでの260件を超えるユーザーインタビューを通じて、このような2人の家計管理方法に課題を抱える顧客は1,500万世帯にも及ぶと予測しています。



こうした背景のもと、今回調達した20億円をもとに「B/43ペアカード」の拡大に注力し、2023年末までに100万DL超えを目標に、共同でキャッシュレスの家計管理をする新市場の開拓とNo.1プロダクトとしての市場拡大を進めてまいります。



資金調達概要



調達金額:約20億円

調達方法:第三者割当増資

引受先(敬称略、順不同):グロービス・キャピタル・パートナーズ、グローバル・ブレイン、Z Venture Capital、ANRI、三井住友海上キャピタル、DBJキャピタル

資金用途:プロダクト開発、マーケティング投資、採用・組織体制の強化



今後の展開:新しいカード決済市場の創造と金融事業領域の拡大を目指して



「B/43ペアカード」に加え、今年度中に小中高生や大学生の子供と親が共同で支出管理できる親子カードのリリースを予定しています。お小遣いを現金で渡すところからデジタルに置き換え、子供が唯一使えるカードとして支出を見える化しながら、キャッシュレス決済を用いて金融リテラシーを高めることができます。

今後も、年齢や家族のライフステージの変化に沿って、新しい決済市場を創造します。中長期的には、生活費管理の問題から始め、貯める、増やすといった事業領域の拡大を目指してまいります。

家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」とは



「B/43」とは、Visaプリペイドカードと家計簿アプリがセットになった新しい支出管理サービスです。毎月の予算をプリペイドカードにチャージして支払いを行うだけで、アプリに支出の明細がリアルタイムで反映されるため、簡単に支出管理が可能です。

・iOS:https://apps.apple.com/jp/app/id1487752024

・Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.smartbank.b43

・サービスHP:https://b43.jp/



採用強化にともない、特設サイト「Make it Transparent」OPEN!

今回の資金調達にあわせ、当社のパーパスやバリュー、ミッションについて改めてメンバー全員で議論し、特設サイト内で初公開いたしました。

リクルーティングデックも用意し、スマートバンクについて理解が深まるコンテンツをまとめております。今後予定している各職種ごとのイベントについても記載しておりますので、ぜひご覧くださいませ。



◆特設サイト:https://smartbank.co.jp/transparent

引受先コメント

「謙虚さと情熱を兼ね備えた日本指折りの市場創出力を持つチーム」

日本のフリマ市場を切り開き、今回スマートバンクで日本の家計にフィンテックの革命をもたらそうとしている堀井さん率いるチームに我々が抱いている印象です。「人が欲しがるものをつくる」という変わらぬ思いに、経営者としての円熟味が加わったスマートバンク社が、金融に彩を与えるチャレンジ。このチャレンジを経営陣が着想を得たフィンテック先進国イギリスで同じ未来を見てきた深川と、フリマ市場の立ち上がり以来、経営陣を近くで見てきた高宮がしっかりと支えていきます。



国内のキャッシュレス化が急速に進む中、個人の家計管理には未だ大きな課題が存在しています。

スマートバンクは前回の資金調達以降、創業チームの強みであるユーザーと徹底的に向き合い、イシューを把握してプロダクトへ落とし込む力を遺憾なく発揮し、期待を上回る成長を続けています。

プロダクトの進化によるさらなる成長に期待し、グローバル・ブレインはスマートバンクを引き続き全力でご支援させていただきます。



顧客の課題発見から愛されるサービスへ昇華させる、プロダクト作りの天才・堀井さんとご一緒できるのを嬉しく思っています。B/43とFintechのサービスの未来を共に創っていくのが楽しみです。



キャッシュレス化が進む現代においても多くの人々が家計管理に苦労し、お金にまつわる生活の悩みを抱えています。スマートバンクはそんな人々の日常が快適、豊かになる家計管理方法を発明し、利用ユーザーの間で確かな熱狂を生み出しています。B/43はN1分析をもとにユーザーに徹底的に向き合うことができるチームだからこそ生み出せたサービスであり、既存の枠に囚われない全く新しいFintechへ進化していくと思います。多くの人々の生活が変わっていく瞬間を間近で体感できるのはtoCのFintechスタートアップの醍醐味です。我こそはという方は一度堀井さんのお話を聞いてみてください。共に未来を創りましょう!

フリマアプリをゼロから生み出して市場を作ってきたスマートバンクのファウンダーたちが、FinTechの領域でも新しくB/43というプロダクトを発明し、個人の家計管理を切り口に新しい市場をゼロから生み出しています。

「堀井さんなら何かやってくれるだろう」という初回投資時の期待から「これは人の生活を新しくしてくれる」という期待へと広がり、さらに「この伸びはもしかしたらすごいことが起きるのでは」と、どんどん期待が大きくなっています。

創業時からオフィスをご一緒させていただいてきたANRIとしてもプロラタ以上の思い切った投資を行いました。



社会のキャッシュレス化が進む中で、スマートバンク社の提供する家計簿プリカB/43は、手軽に家計の見える化を実現する大変優れたプロダクトであると確信しております。

ユーザーが本当に欲しい機能や日常生活に深く根付くプロダクトを開発することができる力強いチームであり、日本のキャッシュレス決済を大きく変革していくことを期待しています。



時間の無い共働き世帯がストレス無く家計の支出管理や立て替え精算を出来るようになる「B/43ペアカード」は一度使えば無かった頃には戻れないサービスであり、多数のN1インタビューに基づいたハイレベルのプロダクトに感動させられました。家族内のキャッシュレスと家計管理の高度化を同時に実現するスマートバンク社の取り組みが、日本の家計管理のあり方を変革していくことを期待しております。

株式会社スマートバンク 代表コメント

昨年、プロダクトをリリースし、ようやく1年が経過しました。

2回目の起業ということもあり、自身もユーザーインタビューを繰り返しながら作ったプロダクトが市場に受け入れられるか、期待と不安が入り混じった1年でしたが、おかげさまでB/43をリリースしてから、わずか1年弱で、累積決済件数100万件超え、月間決済取扱高は数億円規模まで成長することができました。



ユーザーの声を聞きながら、アップデートを重ねていく中で、特に「B/43ペアカード」の力強いPMFを確認することができ、今後のキャッシュレス社会に向けて、家族で家計をシェアするといった新しく生まれた大きな成長可能性を感じるマーケットへの足掛かりもできたと感じています。



事業という点では、生み出したフリマアプリではNo.1になれなかった経験から、「人が欲しがるものをつくる」のは大前提であり、事業としていかにスケールさせ、プロダクトの価値を多くの方に提供できるかがターニングポイントだと考えています。

そういった点では前創業時は競合に投資をされたこともあり、ご縁がなかったグロービス・キャピタル・パートナーズ様、グローバル・ブレイン様といった力強いVC様に応援団に入っていただけたことは非常に喜ばしく、未来に向けて大きな一歩となりました。



最後に、単身世帯の「貯蓄ゼロ世帯」は20代で43%、30代で31%を超える日本社会の中で、ますます「貯蓄から投資」といったテーマが重要になってきます。

引き続き、資産形成のファーストステップ「支出の管理」に関する課題にフォーカスし、誰もがお金をうまく管理し資産形成できる社会の実現に邁進してまいります。

【会社概要】

会社名:株式会社スマートバンク

所在地:〒141-0022 品川区東五反田1-8-12 小原サンデンビル4F

代表者:代表取締役 堀井 翔太

設立:2019年4月9日

URL:https://smartbank.co.jp/

業務内容:家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」の運営

資金移動業者 関東財務局長第00084号


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい