【TVer】2022年1-3月番組再生数ランキング1位はフジテレビ「ミステリと言う勿れ」1クール及び1話の再生数で歴代最高記録! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【TVer】2022年1-3月番組再生数ランキング1位はフジテレビ「ミステリと言う勿れ」1クール及び1話の再生数で歴代最高記録!

PR TIMES

- 株式会社TVer



民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」から、2022年1-3月期の全配信番組を対象とした「番組再生数ランキング」をお知らせいたします。

【2022年1-3月期 総合番組再生数ランキング】

1位:フジテレビ 月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(12)3384万 ★TVer歴代1位

2位:TBSテレビ 金曜ドラマ「妻、小学生になる。」(10)1637万

3位:日本テレビ 日曜ドラマ「真犯人フラグ 真相編」(10)1486万

4位:TBSテレビ 日曜劇場「DCU」(9)1473万

5位:カンテレ「ドクターホワイト」(10)1406万

6位:日本テレビ 水曜ドラマ「ムチャブリ!わたしが社長になるなんて」(10)1264万

7位:TBSテレビ 火曜ドラマ「ファイトソング」(10)1234万

8位:フジテレビ 木曜劇場「ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○」(11)1034万

9位:テレビ朝日 木曜ドラマ「となりのチカラ」(9)994万

10位:テレビ朝日 金曜ナイトドラマ「愛しい嘘~優しい闇~」(8)987万

11位:日本テレビ 土曜ドラマ「逃亡医F」(10)905万

12位:テレビ東京 ドラマParavi「部長と社畜の恋はもどかしい」(12)762万

13位:TBSテレビ「水曜日のダウンタウン」(10)721万

14位:フジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(13)648万

15位:毎日放送 ドラマイズム「liar」(7)613万

16位:東海テレビ「おいハンサム!!」(8)535万

17位:毎日放送 ドラマ特区「あせとせっけん」(8)520万

18位:テレビ朝日「相棒 season20」(11)502万

19位:読売テレビ「ケイ×ヤク −あぶない相棒−」(10)462万

20位:テレビ東京 ドラマ24「シジュウカラ」(12)479万



■バラエティ ランキング

1位:TBSテレビ「水曜日のダウンタウン」(10)

2位:フジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(13)

3位:テレビ朝日「ロンドンハーツ」(14)

4位:TBSテレビ「ラヴィット!」(78)

5位:テレビ朝日「テレビ千鳥」(12)

6位:ABCテレビ「相席食堂」(14)

7位:日本テレビ「有吉の壁」(13)

8位:テレビ東京「あちこちオードリー」(14)

9位:TBSテレビ「マツコの知らない世界」(18)

10位:日本テレビ「King & Princeる。」(11)



単発LIVEランキング

1位:日本テレビ「第100回 高校サッカー 全国大会」1/2~10

2位:日本テレビ「第98回箱根駅伝」1/2~3

3位:テレビ朝日「カタールW杯アジア地区最終予選」1/27・2/1・3/29

4位:日本テレビ「DRAMATIC BASEBALL 2022」3/25

5位:TBSテレビ「ニューイヤー駅伝2022第66回全日本実業団駅伝」1/1

6位:日本テレビ「FUJIFILM SUPER CUP」2/12

7位:フジテレビ「世界フィギュアスケート選手権2022」3/23~26

8位:カンテレ「第41回大阪国際女子マラソン」

9位:日本テレビ「日本アカデミー賞」3/11



※計測期間:2022年1月1日~3月31日TVer番組動画再生数(株式会社ビデオリサーチ調べ)

※放送局のキャッチアップサービスと他社プラットフォーム等は除外しています

※番組ごとのエピソード数、エピソードごとの配信期間は異なります

※( )内は期間内の配信エピソード数

※日本テレビが1/1~3/31に実施した「日テレ系ライブ配信」はLIVEランキングから除外しています

※北京オリンピック関連コンテンツは除外しています



2022年1-3月期の番組別再生数、総合第1位は、菅田将暉さん主演のフジテレビ 月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」となりました。TVerにおいては1クール内で初の3000万再生を超え、歴代最高となる3384万再生を記録、第1話でも最高となる350万再生を記録しました。

※歴代2位は2021年10-12月期TBSテレビ 金曜ドラマ「最愛」2280万再生



TVerの主要コンテンツであるドラマの視聴者構成はF2、F3、F1層の順に女性が多い傾向で、「ミステリと言う勿れ」はF1~F3層で6割を超えており、TBSテレビ 「ファイトソング」においては圧倒的に女性が多く、F2層のみで半数、F1・F3層を合わせて7割が女性となっていました。

 

バラエティ部門で1位となったTBSテレビ「水曜日のダウンタウン」や、6位のABCテレビ「相席食堂」の視聴者がM1・M2・Teen層が6割となっており、バラエティは男性や若年層の割合が高い傾向にある中で、日本テレビ「King & Princeる。」は、F1・F2層で半数以上、Teen層が2割と、他のバラエティとは大きな違いが見られました。



単発LIVE配信では、スポーツコンテンツだけではなく、「日本アカデミー賞」の授賞式直前のウェルカムレセプションの模様をTVerだけのスペシャルコンテンツとしてLIVE配信するなどスポーツ以外のコンテンツも拡充しています。



TVerでは2022年4月期からは毎週約500番組の見逃し配信に加えて、民放5系列のゴールデン・プライムタイムを中心とした人気番組の数々をリアルタイム配信(地上波同時配信)でも視聴いただけるようになりました。

今後も、皆様のご期待に添えるよう、サービスの向上に尽力してまいります。



※リアルタイム配信は、PC、スマートフォン・タブレットのアプリのみとなっています。テレビアプリ及び

Chromecast を利用した視聴はできません。

※ニュース速報、緊急地震速報等、一部リアルタイム配信では出ないものがあります。



 

■民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」について ( https://tver.jp/ )

安心安全なテレビコンテンツを広告付きで無料配信する民放公式テレビ配信サービス。パソコン、スマートフォン・タブレット、テレビアプリで毎週約 500 番組の見逃し配信のほか、過去のコンテンツの配信、リアルタイム配信(地上波の同時配信)やライブ配信も実施。2015年10月よりサービス開始。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい