5月臨時会に補正予算案を提出 ウクライナ避難者支援やコロナワクチン4回目接種を推進 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

5月臨時会に補正予算案を提出 ウクライナ避難者支援やコロナワクチン4回目接種を推進

PR TIMES

- 豊中市



豊中市は、市議会5月臨時会(5月6日(金)告示・5月13日(金)招集予定)において一般会計総事業費約14億2千万円の補正予算案を提出します。同予算案の概要は次のとおりです。

1.ウクライナ避難者支援 【10,568千円】

4月1日に設置した人権政策課の総合窓口を通じて生活全般の支援を行うもので、豊中市民を頼ってウクライナから本市に避難した人を受け入れる体制を整備します。 ※大人1人・子ども1人の世帯を想定

◎生活準備一時金の支給:1世帯あたり 24万円

◎生活費の支給:1世帯あたり1日 3,600円

◎生活必需品等購入費:1世帯あたり 10万円

◎健康支援:1人あたり 5万円


人権政策課 電話:06-6858-2728



2.新型コロナウイルスワクチン4回目接種 【1,348,429千円】



新型コロナウイルスワクチン接種において、3回目接種から5か月を経過した対象者から順次4回目の接種を実施します。

◎接種券発送開始時期:6月上旬から

◎接種開始時期:6月から


健康医療部 ワクチン接種対策チーム 電話:06-6152-7410



3.新型コロナウイルス関係事務処理センター 【60,316千円】



第7波に備え、業務の一部を事務委託することにより、高リスク者への対応やクラスター対策へ保健所の人員を集中させ、安全で安心な保健所機能を維持します。

◎業務範囲:証明書等発行業務、発生届等代行入力業務、電話対応業務など

◎稼働時期:6月20日予定


健康医療部 保健予防課 電話:06-6152-7313


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい