ジャングルポケット斉藤と篠崎愛が第34回かしわ記念を大予想!! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャングルポケット斉藤と篠崎愛が第34回かしわ記念を大予想!!

PR TIMES

さらに、ジャンポケ斉藤が愛馬について語る!「いつか地元船橋で愛馬が活躍する姿を見たい」



- 千葉県競馬組合



船橋ケイバ(千葉県船橋市若松1-2-1)は、本日5月4日(祝・水)、『かしわ記念』に関するメディア発表会を開催し、翌日5月5日(祝・木)に実施される船橋競馬最大のレース『農林水産大臣賞典 第34回 かしわ記念 JpnI』をPRしました。

 メディア発表会では、お笑いトリオ芸人ジャングルポケットより斉藤慎二さんと、タレントの篠崎愛さんが『かしわ記念』の応援に駆けつけました。船橋競馬のある千葉県出身の斉藤さんは「父に連れてきてもらった最初の競馬場が船橋競馬場。いつもはスタンドから見ているだけだったので、こうやってお仕事としてトークしているのが夢のようです。」と船橋競馬場への愛を語りました。また、2014年以来の船橋競馬場訪問だという篠崎愛さんは「食べるのが大好きなので、出店やキッチンカーがあるのはとてもうれしいですね!」と訪れた感想を語りました。

 また、キッズスペースやキッチンカーなど、家族でも楽しめる船橋競馬場にちなみ篠崎さんが理想の家族像を聞かれると「家族でたくさんお出かけをするのが理想ですね。船橋競馬場もぴったりですね。」と語りました。それに対し家族をもつ斉藤さんは「競馬場って馬券を買うだけみたいなイメージがありますが、船橋競馬場に来たらそれが覆ると思います。今日はお仕事ですが、子供も奥さんもつれてきちゃいました。」と、ファミリーでの予定も明かしました。

 イベントでは、万馬券を的中させたこともあるという篠崎さんと競走馬「オマタセシマシタ 号」を購入した斉藤さんが『かしわ記念』の本命馬を発表。篠崎さんは自身の名前でもある“愛(ラブ)”が馬名に入っているという理由から『ユアマイラブ』、斉藤さんは前走の1,600mレースでの粘りを見て『テイエムサウスダン』を予想として発表しました。

 最後は斉藤さんから「いつか地元船橋で愛馬が活躍する姿を見るのが夢です」と興奮気味にコメントしたほか、篠崎さんは「素敵な場所なので、家族や恋人と是非来てほしいです!」とコメントしイベントは終了いたしました。『農林水産大臣賞典 第34回 かしわ記念 JpnI』は、明日5月5日(祝・木)20時05分発走(予定)です。みなさまどうぞご注目ください。



■かしわ記念の応援にジャングルポケット斉藤と篠崎愛が駆けつける!

 明日5月5日(祝・木)に『農林水産大臣賞典 第34回 かしわ記念 JpnI』を開催する船橋ケイバ。船橋競馬最大であるレースの応援にお笑いトリオ芸人ジャングルポケットより斉藤慎二さんと、タレントの篠崎愛さんが駆け付けました。船橋競馬のある千葉県出身の斉藤さんは「中学生のころ親戚がテレビで競馬を見ていて興味を持ち、父に連れてきてもらった初めての競馬場船橋競馬場で、そこから馬が好きになりました。いつもはスタンドから見ているだけだったので、こうやってお仕事としてトークしているのが夢のようです。大体300回は来ました。」と喜びのコメント。また、篠崎愛さんからは「リニューアルが進んでいて更にきれいになった印象。食べるのが大好きなので、出店やキッチンカーがあるのはとてもうれしいですね!」と船橋競馬場に訪れた感想を語っていただきました。



■ジャンポケ斉藤、馬主としての意気込みを語る「いつか地元船橋で愛馬が活躍する姿を見たい」

 競走馬「オマタセシマシタ 号」を購入した斉藤さんに、命名の由来を尋ねると「芸人なのでインパクト残せるようにしたかった。また自分がコロナにかかってしまい、馬主になってからもファンの皆様を待たせてしまったこともあるのでこの名前にしました。最初に会ったときはキスされたりして、それでメロメロになっちゃったんです。」と馬への愛も語りました。将来について聞かれると、「いつか地元船橋で愛馬が活躍する姿を見るのが夢です。」と意気揚々とコメントしました。



■篠崎愛が描く理想の家族像「家族でたくさんお出かけをするのが理想」

 今年2月に20代ラストの写真集として4年ぶりに「IDEA」を発売した篠崎愛さん。「本当に久々だったので緊張して寝られなかった。撮影が進むにつれてほぐれて感覚を取り戻せました。自分史上最高の体型になっています!」と撮影の感想を語りました。

 また、遊具付きキッズスペースやキッチンカーなど、家族でも楽しめるイベントが盛りだくさんの船橋競馬場にちなみ、篠崎さんが理想の家族像を聞かれると「旦那さんには色々な所に連れてってほしいです。家族でたくさんお出かけをするのが理想ですね。」と素敵なコメント。それに対し斉藤さんは「競馬場って馬券を買うだけみたいなイメージがありますが、色々家族でも楽しめる船橋競馬場に来たらそれが覆ると思います。やはり子供には小さいうちからいろんな景色を見せてあげたいので、今日はお仕事ですが、子供も奥さんもつれてきちゃいました。」と、ファミリーでの予定も明かしました。また、船橋競馬場でのデートプランを聞かれると篠崎愛さんは「外の席も気持ちよさそう。出店とキッチンカーで食べ物を買って外の席で気持ちよく観戦したいですね!」と想像を膨らませながら笑顔で話しました。



■「かしわ記念」本命馬を発表!ジャンポケ斉藤は霜降り明星 粗品にバトンタッチ?

 イベントでは、競馬通の二人が『かしわ記念』の本命馬を発表していただきました。

万馬券を的中したこともある篠崎さんは「ユアマイラブ」を本命馬に選出。「名前が”愛”なので馬名に”ラブ”が入っていると応援したくなる。」と理由を語ると、斉藤さんから「色々とデータとか調べたところで、結局はそういう馬が勝つんですよね。」と本音をポロリ。

 斉藤さんの本命馬はズバリ「テイエムサウスダン」。「1,600mがやや不安でしたが、前走の1,600mレースでは最後の直線で粘って2着でゴールしていました。かしわ記念では内枠も引きましたし、いけるのではないかと。」と冷静に予想を語りました。関心する篠崎さんに対し斉藤さんは「これだけ語ってる人は大体当たらないんですよ。」と自虐交じりのコメントをし、会場は爆笑に包まれました。

また、競馬予想に関するエピソードを聞かれると篠崎さんは「予想するときは、優柔不断なので名前などをみて選びます!」、斉藤さんは「篠崎さんのように変に考えないで予想する方が当たるとは思いつつも、どうしてもデータを総合的にみてしまう。去年は当たらなさすぎて“逆神(ぎゃくしん)”と呼ばれていて、僕が注目する馬をみんなが予想から外していたので、そういう意味では貢献できた1年だった。ただ、今年に関しては霜降り明星 粗品という怪物が現れたので、そろそろ世代交代かなと思います(笑)」とコメントしました、

 最後には、斉藤さんが「船橋競馬場がリニューアルして少し寂しいという気持ちもありましたが、また新しくなってたくさんの人が来ることで素晴らしさを知ってもらえたらうれしい。ハァァァイ!」とお決まりのギャグを披露。篠崎さんも「船橋競馬場は素敵なところなので、是非恋人や家族連れて是非来てほしいです。ハァァァイ!」とギャグをかぶせ、爆笑の中イベントは終了しました。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい