<2022年参院選>全国45選挙区全てを対象にした、初の情勢調査を実施=JX通信社 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<2022年参院選>全国45選挙区全てを対象にした、初の情勢調査を実施=JX通信社

PR TIMES

32の「一人区」の7割超で自民候補がリード、複数人区は維新が変数に



- 株式会社JX通信社



株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米重 克洋 以下「当社」)は、今夏に行われる第26回参議院議員通常選挙に向けて、全国45選挙区を対象とする初の情勢調査を実施しました。

本調査データの購入やレポートのご提供、取材等に関するお問い合わせは以下ご連絡先にお寄せください。株式会社JX通信社 info@jxpress.net(担当:和泉)

■ 調査結果の主なポイント

全国32の一人区のうち、24選挙区で自民党候補がリード

複数人区では、愛知・京都・福岡などで日本維新の会の候補が議席を獲得する可能性がある

岸田内閣の支持率は広島県で69.6%に上り全国最高、不支持率が支持率を上回る選挙区はゼロ

約半数の有権者はまだ態度を明らかにしていないほか、各党の候補者擁立も完了していないため、情勢は流動的



参院選は全国45選挙区のうち、32を占める定数1の「一人区」が結果を左右します。2019年の前回参院選では、一人区で自民党が22勝しましたが、今回の調査に基づく分析の結果、自民党候補は24選挙区でリードしています。

また、大都市圏を中心とした複数人区では、各社世論調査で支持率野党第一党を立憲民主党と争う日本維新の会の動向が大きな変数となっています。愛知県(定数4)・福岡県(定数3)などの選挙区では、日本維新の会の候補に勢いがあります。また、京都府(定数2)では、立憲民主党の現職と維新の新人候補が当落線上で大激戦を繰り広げています。



■ 調査と情勢分析の方法

無作為に発生させた電話番号に架電する当社「クラウドRDD方式」により実施しました。調査期間は4月23~25日の3日間で、全国45選挙区の有権者計26,722人から回答を得ました。

当社では、この調査データをもとに、態度未定者の動向を予測する独自のモデルで想定得票率などを算出し、その結果を加味して、現時点における全ての選挙区の情勢分析をまとめました。



■ 調査における主な質問項目

有権者の年齢層や性別

職業

選挙区内における居住地域

支持する政党

選挙区での投票先

比例代表での投票先

重視する政策

岸田内閣支持の動向

本調査データの購入やレポートのご提供、取材等に関するお問い合わせは以下ご連絡先にお寄せください。株式会社JX通信社 info@jxpress.net(担当:和泉)

※当社の情勢調査や過去の調査実績については、下記URLをご参照ください。

URL: https://jxpress.net/survey/



※全国45選挙区ごとの情勢の概要は、Yahoo!ニュースに掲載しています。

URL: https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20220429-00293733



■ JX通信社について

当社は、データインテリジェンスを武器とした新しい報道・調査機関です。

ニュース速報とリサーチの領域に特化したテックベンチャーとして、SNSをはじめとする各種ビッグデータからリスク情報を検知・配信する「FASTALERT(ファストアラート)」や、報道価値の高いニュースをAIで速報するニュース速報アプリ「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」等の速報・アラートサービスの他、リサーチサービスとしてソーシャルリスニング型マーケティングリサーチサービス「KAIZODE(カイゾード)」、報道機関向けの選挙情勢調査サービス「JX通信社 情勢調査」を展開しています。

URL: https://jxpress.net


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい