【ふるさと納税】スノーピークの人気製品18品目が新たに返礼品に追加されます 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ふるさと納税】スノーピークの人気製品18品目が新たに返礼品に追加されます

PR TIMES

- 三条市



 新潟県三条市(市長:滝沢 亮)のふるさと納税の返礼品に株式会社スノーピーク(本社:新潟県三条市、代表取締役社長:山井 梨沙氏)の新たな18アイテムを追加し、11月25日(木)午前10:00にふるさとチョイス、楽天ふるさと納税に出品いたします。



【本件のポイント】

1 11月25日(木)午前10:00に今回新たに出品する18アイテムのうち、18アイテムをふるさとチョイス、13アイテムを楽天ふるさと納税に追加出品(※前回プレスリリースにて「ふるなび」と記載していましたが、「ふるさとチョイス」に変更となりました。)

2 在庫限り、無くなり次第出品終了予定

【スノーピークふるさと納税出品背景】

 三条市とスノーピークとの間で地域活性化に向けた包括連携協定を令和3年7月に締結しており、ふるさと納税での連携強化において、「スノーピーク商品の活用等によるふるさと納税の新たな寄付者の獲得」が協定に盛り込まれました。「チタンシングルマグ」シリーズが11月18日(木)に先行出品をしておりましたが、予想を上回る人気となり、11月19日(金)午前6:30頃に品切れのため出品終了となっております。次回の入荷につきましては数量、時期など未定です。



【三条市のふるさと納税概要】

 三条市は、令和4年度のふるさと納税の目標額を25億円(令和2年度、約7億2千万円)に設定しています。「ものづくりのまち」として知られ、アウトドア用品の製造も盛んなことから、地域の特色を生かした返礼品を取り揃えています。



<三条市について>

 三条市は新潟県のほぼ中央に位置し、総面積は約432平方キロメートル、人口は約9万5千人です。西隣にある燕市と合わせて「燕三条」と呼ばれ、古くからものづくりが盛んな地域です。江戸時代から続く鍛冶技術の伝統を受け継ぎながら、時代の変化に合わせて革新を続けています。

アクセス:東京駅から上越新幹線で燕三条駅まで約2時間、首都圏から三条・燕ICまで約4時間

https://www.city.sanjo.niigata.jp/



<株式会社スノーピークについて>

 1958年、“ものづくりのまち”新潟県三条市にて創業したアウトドアメーカー。「自然と人、人と人をつなぎ、人間性を回復する」ことを社会的使命とし、キャンプ用品、アパレルの開発、国内外での販売のほか、地方創生、ビジネスソリューション等、幅広い事業を展開。新潟県三条市、大自然の懐に、約5万坪のキャンプ場を擁する本社「HEADQUARTERS」を構える。コーポレートメッセージは「人生に、野遊びを。」

https://www.snowpeak.co.jp/



【お客様からのお問い合わせ先】

《三条市ふるさと納税サポート事務局 株式会社ハーモニック お客様窓口》

TEL:0120-922-713 (受付時間:09:00~17:00 土日祝・年末年始・お盆期間除く)

e-mail:furusatosanjo@harmonick.co.jp


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい