新「JINS MEME」、遂に10月14日(木)発売 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新「JINS MEME」、遂に10月14日(木)発売

PR TIMES

働き方や生活様式が変化し、これからは自分自身をマネジメントする時代へデザイン・アプリ機能・価格が一新した“ココロとカラダのセルフケアメガネ”



- 株式会社ジンズホールディングス



株式会社ジンズ(東京本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:田中仁、以下JINS)は、この度、独自に開発した3点式眼電位センサー(特許取得済)と6軸モーションセンサー(3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー)を搭載し、世界初の自分を見るアイウエアとして開発した「JINS MEME(ジンズ ミーム)」を、“ココロとカラダのセルフケアメガネ”として一新。2021年10月14日(木)よりJINS一部店舗(100店舗)およびJINSオンラインショップ(https://jinsmeme.com)、Amazonにて販売いたします。

JINS MEMEのデザイン・専用アプリの機能・サービス利用方法の全てが進化。

働き方や生活様式が変化したこの時代に寄り添うアイウエアへ




JINS MEMEは2015年11月に、独自のテクノロジーによりココロとカラダを可視化する「世界初、自分を見るアイウエア」として誕生しました。その特徴は、まばたきや視線移動を計測するJINSが独自に開発した3点式眼電位センサーでココロの状態を捉え、カラダの動きを計測する6軸モーションセンサーでカラダの状態を捉えてアプリで可視化できる点です。発売前から大きな反響をいただき、2019年には完売し、次世代機の発表が待たれていました。そしてこの度、研究開発に5年以上を費やした次世代機が、遂に登場します。

近年、5G等のインターネット環境やSNSの発達・普及によりいつでも誰とでもつながり、どこでも働くことが可能になる一方で、オンとオフの境界が曖昧になり、個々が自分自身をマネジメントする“自己規律”が必要になる時代を迎えています。JINSは今年4月に、“デスクワークを行う人のうち、ここ1年で働き方が変化した方”を対象にしたアンケート調査を実施。「テレワークによって少なくとも心または身体の不調を感じる人は約半数」や「現在の働き方に変わって以前よりもセルフマネジメントを意識するようになった人は半数以上」という結果が出ました(詳細後述)。JINSは、働き方改革が叫ばれ始めた2015年当初より、今後一層個人のセルフマネジメントが求められる時代になることを予期し、次世代機のあるべき提供価値を模索してまいりました。そしてコロナ禍で、働き方や生活様式の変化がより加速したこの新時代に、“ココロとカラダのセルフケアメガネ”として、フレームデザインも、専用アプリの機能も、サービス利用方法も進化した次世代機を発売します。

ココロとカラダを様々な切り口で可視化。さらに、メンテナンスのコンテンツも充実!



フレームは、かつてノーズパッド周りとテンプルエンドに分散し格納されていた2つのセンサーとバッテリーを小型化し、すべてをノーズパッド周りに“JINS MEME CORE(コア)”として集約することに成功。これにより、軽量化、かけ心地の向上、通常のメガネと遜色ないデザイン性を実現しました。(フレームに鼻パッド型COREパーツを着脱できる技術は特許取得済)。また、専用アプリはBluetoothで接続したCOREパーツから得た情報によって独自のアルゴリズムで、姿勢等の計測により「BODY(カラダ)」を、没入度・安定度・バイタリティから「MIND(ココロ)」を、2種のセンサーを活用し「BRAIN(集中)」の状態を可視化します。さらに、それぞれをより良い状態に整えるためのオリジナルコンテンツも多数搭載。現代人の日常課題を、毎日かけるメガネで気軽に解決できる設計となっています。また、専用アプリの継続利用価値を考慮し、フレーム価格を極力抑え、JINS初となるサブスクリプションサービスとしてアプリ課金型でご提供いたします。

商品概要・仕様



商品タイプ1

【商品名】JINS MEME(ジンズ ミーム)

【ラインアップ】全6型12種(メガネタイプ:4型8種、サングラスタイプ:2型4種)

※サングラスタイプはJINSオンラインショップ限定

【価格】¥19,800(税込)※メガネは度付きレンズ代込み ※サングラスは度付きレンズ代別 ※アプリは1年間無料

【販路】JINS一部店舗(100店舗)、JINSオンラインショップ【予約販売】2021年10月6日(水)12:00~10月13日(水)23:59予約受付

※最短で10月14日(木)着。順次お届け予定

【公式サイト】https://jinsmeme.com

商品タイプ2

【商品名】JINS MEME+JINS SCREEN Kit(度なしレンズ)

【ラインアップ】全4型4種

【価格】¥23,100(税込)※度なしブルーライトカットレンズ付き ※アプリは1年間無料

※商品タイプ1に度なしブルーライトカットレンズのオプション¥5,500(税込)付き

【販路】Amazon限定

【販売サイト】https://www.amazon.co.jp/dp/B09GRVP63L?ref=myi_title_dp

※URLは変更となる可能性があります

2タイプ共通

【アプリ利用料】1年間無料。利用を継続する場合、2年目以降のアプリ利用料

¥5,000(税込)/年 または ¥500(税込)/月(自動更新)

【付属品】メガネ用ハードケース、セリート、充電用クレードル、小物ポーチ、取扱説明書、ご使用上のご注意

【バッテリー】リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵

【充電時間】約3時間

【使用時間】アクティブモード(連続使用時間)最大約24時間※ジャイロセンサー使用時は約11時間

スリープモード(待機状態)約2週間

【材質】フレーム:プラスチック、SUS316L(電極部分)

    レンズ:プラスチック

    紫外線透過率:0.1%以下(サングラスタイプも同様)

【質量】JINS MEME CORE:約6g

メガネ:ウエリントン約21g/ボストン約21g/オーバル約20g/スクエア約20g ※CORE・レンズを除く

サングラス:MEN約26g/WOMEN約25g ※COREを除く(レンズ込み)

【センサー】3点式眼電位センサー(特許取得済)、

      6軸モーションセンサー(3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー)

【アプリケーション】iPhone 7以降、iOS 13以上  ※Android版は11月より提供予定

【通信方法】Bluetooth Low Energy ※JINS MEME CORE本体で24時間分のデータ蓄積機能有。

【外部インターフェース】マイクロUSB端子

【使用環境条件】温度0~40℃、湿度10~90%RH推奨

【発売日】2021年10月14日(木)※各サイトでは0:00から購入可能

フレームラインアップ



旧JINS MEMEの展開はメガネ2型各1色・サングラス1型1色でしたが、新JINS MEMEは日常生活で使えるスタンダードなタイプの4型8色(ウエリントン、スクエア、オーバル、ボストン)と、サングラスタイプの2型4色の計6型12種を展開します。多彩なバリエーションからお客様が好みにあわせてお選びいただけます。



【メガネタイプ】※●はAmazonでも販売する型です

【サングラスタイプ】※EC限定 ※可視光線透過率:13~22%

【商品特徴】

かつてノーズパッド周りとテンプルエンドに分散し格納されていた2つのセンサーとバッテリーがノーズパッド周りの「JINS MEME CORE(コア)」に集約。センサーが取得したさまざまな情報をBluetoothで連携した専用アプリで解析し、カラダとココロの状態を可視化します。

■3点式眼電位センサー(特許取得済)



一般に、人間の眼球は、角膜側に正(+)の電位を帯びています。この正の電位を持つ眼球の角膜側が、視線や瞬きの際に動くことで、周辺の皮膚の電位に変化が生じます。これをJINS MEMEのCOREに搭載された3点式眼電位センサーが計測し、まばたきと視線移動をキャッチすることで、まばたきの強さと速度、まばたきの間隔、視線移動の速さから脳の状態を分析。その状態を捉えることで、専用アプリでは「MIND(ココロ)」と「BRAIN(集中)」を可視化します。



■6軸モーションセンサー(3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー)



頭部は、体のバランスを司る体軸線上に位置します。x軸、y軸、z軸の3軸方向の加速度を計る加速度センサーと、角速度(回転する速度)を計測するジャイロセンサーが組み合わさった6軸センサーが、体軸変化を正確に捕捉します。移動と回転の速度から歩いているかどうか、歩いている時の速さ・強さと偏り、体の傾きなど、カラダのあらゆる動きを測定することで、専用アプリでは「BODY(カラダ)」と「BRAIN(集中)」を可視化します。

※「Brain(集中)」は3点式眼電位センサーと6軸モーションセンサーの両方を用いて可視化します。

JINS MEME App

専用のアプリ「JINS MEME App」はBODY(カラダ)、MIND(ココロ)、BRAIN(集中)の状態を可視化。ココロとカラダを整えるメンテナンスプログラムや、集中に入るための「集中測定」などの多彩なコンテンツで、より良い状態へ導くソリューションを提供します。

<BODY(カラダ)>

■カラダを知る

現在の姿勢の状態、前後や左右の傾きの角度をリアルタイムで表示。他にも姿勢や歩行の状態やスコアを集計。

【姿勢】

・現在の姿勢の良し悪しを4段階でリアルタイム評価

・Total Good Time(良い姿勢の時間の割合)

・時間帯別の姿勢スコア

【歩行】

・運動量(座り時間、立ち/歩き時間、歩行数)

・歩行時の姿勢の良し悪し

■カラダを整える

カラダを整えるストレッチやヨガのオリジナルコンテンツ(動画)を用意。時間帯や測定結果に応じてオススメのコンテンツの提案も行います。30種類以上のコンテンツから目的や悩みに応じてセレクトが可能。所要時間は20秒~3分なので仕事の合間や朝の限られた時間など、気軽に取り組めるようになっています。

監修:ヨガインストラクター・高野真利氏、齊藤恵司氏

<MIND(ココロ)>

■ココロを知る

独自のアルゴリズムで、ココロの状態をグラフィックで表示。大きさ、形状、リズムでココロを可視化します。また、まばたきや眼球の動きから没入度、安定度、バイタリティもスコア化。

【没入度】

・現状の作業にどれだけ熱中しているかを判定

【安定度】

・気持ちの乱れ、平静を保っているかを判定

【バイタリティ】

・やる気の高さや気持ちの持続力を判定

■ココロを整える

乱れたココロを整えるリラックスのための瞑想によるコンテンツを用意。画面に映し出す映像や音声から、乱れたココロを安定させ、作業効率の高い状態へ導きます。取り組んだ結果は3段階で評価され、成果が一目でわかるようになっています。朝の起床、就寝前、気分を落ち着ける時、自分の状態に合わせた1分~3分の短時間でできる幅広いメニューを提供。

監修:東京マインドフルネスセンター・長谷川洋介氏



<BRAIN(集中)>

■集中力を知る

集中を時間帯別の集中度と、トータルの集中時間で計測。0~100ポイントのスコアで表示します。

【時間別集中度】

・時間帯別に、ZONE(深い集中)、軽集中、集中外、の3段階で判定

【集中時間】

・ZONE(深い集中)、軽集中、集中外、の3段階の集計結果を表示

■集中力をブースト

集中力の求められる作業時に役立つ「FOCUS」の機能を用意。「経費精算を終わらせる」のようなタスクを1つ決め、時間と場所を入力し、用意された集中力をアップするBGMを選び、スタート。結果画面にはZONE(深い集中)、軽集中、集中外、の3段階で時間帯別の結果が表示されます。時間を決めて集中することで、自らのルーティンを定着させ、仕事の効率化に役立てられる機能です。

<その他の機能>

これら以外にも、お気に入りのメンテナンスコンテンツを“マイルーティン”や“お気に入り”に登録できる「ルーティン」作成機能を搭載。事前に設定したタイミングで通知することが可能です。また、各計測結果をデータとして蓄積する「レポート」機能で前週・前月と比較するなど、自身の成長や成果を把握することが可能です。他にもランニング時の体の歪みを測定できる「RUN」(特許取得済)、運転中の眠気を測定してアラートを出す「DRIVE」(特許出願中)、JINS MEMEで測定した全情報を一覧で見られる「LIFELOG」機能があります。

<JINS MEME Appダウンロード>

2021年10月6日(水)12時頃より以下のApp Storeからダウンロードが可能予定です。※Android版は11月より提供予定

App Store:https://apps.apple.com/jp/app/jins-meme/id1502229349 

※URLは変更となる可能性がございます

ビジネスモデル



JINS初となる、アプリ課金型のサブスクリプションサービスとなります。多くの方が手に取りやすいように、フレーム購入の初期費用は極力抑えました。アプリ利用料は、1年間無料。その後習慣が定着し、2年目以降もご利用になりたい方は、¥5,000/年 または ¥500/月(自動更新)※税込で継続可能です。

補足情報1:新たな開発と挑戦に挑む新プロジェクト「JINS MEME LAB」始動

JINS MEMEを活用したサービスを提供するため、新しい開発と挑戦に挑むプロジェクト「JINS MEME LAB」が始動します。



【第1弾】

プロジェクト第1弾は、アバター動画が作れる、iOS専用のリアルタイムAR合成スマートフォンアプリ「VTUNER(ヴイチューナー)」。2021年11月下旬にローンチ予定です。

JINS MEMEのテクノロジーを応用し、カメラによるモーションキャプチャーを使用せず、JINS MEME着用者の動きを反映したアバター動画を簡単にダイナミックに作ることが可能な、アバターコントロールアプリです(特許出願中)。

https://jinsmeme.com/vtuner/

【第2弾】



「JINS MEME CONTROLLER」と題し、JINS MEMEで取得される頭の動きやまばたきを活用して、PCやスマートフォンなどのデバイスを操作する研究開発を進めています。実現すれば、まばたきでスマートフォンを操作し、頭の動きでマウスを操作できるように。手動によるPCやスマホ操作が困難な方が、特別な専用装置を使わずに、頭の動きまたは瞬きだけで文字入力が可能となります。これにより、多くの方の社会やネットワークへの参加ハードルが低くなることを目指します。ユーザビリティの向上や更なる技術開発のため、実際に体験し、その結果をフィードバックしていただけるプロジェクト参加者を募集いたします。

https://jinsmeme.com/controller/

補足情報2:中国にて子ども向けの新サービスとして、JINS MEMEを日本と同日発売



日本発売のJINS MEMEは、大人用フレームをかけられる年齢以上が対象となっていますが、中国ではJINS MEMEを、受験を控えた子どもたち(10~12歳)の学習成果の向上を提案する新商品として10月14日(木)に発売いたします。

このJINS MEMEは、フレームは子ども用サイズとなっており、アプリは集中力の点数測定や、集中力の傾向把握、ランキング機能を備えています。UIはポップな雰囲気で、子供が継続して使用したくなる設計です。また、保護者に対し、集中力の点数を通じて子どもにどのような環境を整えられるかを考える機会を創出します。

さらに、姿勢の計測を通じて、長時間の学習環境で姿勢が悪くならないよう注意喚起することも可能です。

保護者と子どもが学習を通じて、相互に交流を持つことができるサービスとなっております。

【ラインアップ】1型2種

【価格】1,500元 ※度付きレンズ代込み※アプリは無料ダウンロード可

【販路】中国の一部店舗(発売時5店舗から順次拡大予定)

オンラインショップ

【アプリケーション】iOS11以上、Android6.0以上

【発売日】2021年10月14日(木)

※製品の詳細な仕様は日本発売商品と同様です。

アンケート調査「働き方の変化と心身の健康意識実態調査」



2021年4月に、デスクワークを行っている人のうち、ここ1年で働き方が変化した方を対象にアンケート調査「働き方の変化と心身の健康意識実態調査」を実施しました。



【調査概要】

調査期間:2021年4月8日(木)~9日(金)

対象者:デスクワークを行っている人のうち、ここ1年で働き方が変化した方

有効回答:20~59歳 400名

調査方法:インターネットによるアンケート調査(JINS調べ)



■現在の働き方に変わって、以前よりも業務効率を意識するようになった人は3人に2人の67.7%

「以前よりも業務効率を意識するようになったか」を聞いたところ、「意識するようになった」と回答した人は3人に2人。現在の働き方に変わって以前よりも業務効率を意識するようになったことがわかりました。

■テレワークによって、心または身体の不調を感じる人は約半数

テレワークを経験した人を対象に、「テレワークによって心身の不調を感じるか」を聞きました。「心身両面の不調を感じる人」は11.1%でしたが、「心の不調」または「身体の不調」を感じるに回答した人を含めると、43.8%にのぼり約半数が「不調を感じる」という結果になりました。

■以前よりもセルフマネジメントを意識するようになった人は57.3%で2人に1人。しかし、セルフマネジメントのために新しい取り組みを始めた人は20.5%で4人に1人



「現在の働き方に変わってから、以前よりもセルフマネジメントを意識するようになったか」を聞いたところ、57.2%の2人に1人が「意識するようになった」に回答。「今まで意識しており、現在も同じように意識している」に回答した人を含めると、セルフマネジメントを意識している人は90%という結果になりました。一方で、「セルフマネジメントのために取り組んでいることがあるか」を聞いたところ、「新しい取り組みを始めた」に回答した人は20.5%と低かったが、何かしら取り組んでいる人は約7割となりました。

■現在の働き方の変化にともない、セルフマネジメントのために「新しく取り組み始めたことがある」と回答した82名のうち、その新しい取り組みは「出費をともなう」のは73.2%の60名



前述の設問の「現在の働き方の変化にともない、セルフマネジメントのために取り組んでいることはありますか」で「新しく取り組み始めたことがある」に回答した人の82人に、その取り組みが「出費をともなうか」を聞きました。「出費をともなう」に回答した人は、73.2%の60名でした。

■心身の健康の管理とメンテナンスができるスマートフォンアプリに課金する場合、「月額100円以上500円未満」と回答した人は21.8%

セルフマネジメントのために心身の健康を管理し、メンテナンスできるスマートフォンアプリに課金する場合、いくらであれば課金して良いかを聞きました。回答の1位は「支払いたくない」の51.2%でしたが、課金金額の回答のうち、1位は「月額100円以上500円未満」で21.8%でした。

■現在の働き方に変わって、将来の不安をどの程度感じるか聞いたところ、「体における健康面の不安」は67.7%の3人に2人、「心(メンタル)における健康面の不安」は59.0%の2人に1人、が不安と回答。

現在の働き方に変わって不安に思うことを質問アイテム別にどの程度感じるか聞きました。67.7%の3人に2人が「体力など体における健康面の不安」を感じていると回答。59.0%の2人に1人が「気力など心(メンタル)における健康面の不安」を感じていると回答しました。


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい