群馬県片品村「オグナほたかスキー場」と日本スキー場開発(株)が増客強化を図るアライアンス・パートナーリゾート契約を締結 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

群馬県片品村「オグナほたかスキー場」と日本スキー場開発(株)が増客強化を図るアライアンス・パートナーリゾート契約を締結

PR TIMES
【群馬県 片品村】オグナほたかスキー場

【群馬県 片品村】オグナほたかスキー場

オグナスカイウェイ

オグナスカイウェイ

花咲の湯

花咲の湯

花咲の湯 岩盤浴

花咲の湯 岩盤浴

花咲の湯(冬)

花咲の湯(冬)

花の駅 片品花咲の湯

花の駅 片品花咲の湯

オグナほたか絶景

オグナほたか絶景

日本スキー場開発(株)株主優待をはじめ、連携した集客連携を実施



- 日本スキー場開発株式会社



長野県・群馬県・岐阜県内で計8スキー場を運営する日本スキー場開発株式会社(本社:長野県北安曇郡白馬村、代表取締役社長:鈴木周平、以下略称:NSD)と、片品村振興公社株式会社(本社:群馬県利根郡片品村、代表取締役:金子賢司)が運営する「オグナほたかスキー場」は集客運営などに関するアライアンス・パートナーリゾートを契約いたしました。

NSDは2005年の創業以来、長野県で6スキー場、群馬県1スキー場・岐阜県1スキー場(計8スキー場)のほか、レンタルショップなどを運営しております。

冬はスキー場を営業、夏は自然を活用したグリーンシーズン営業し、非日常的な時間と空間を演出することにより、一人でも多くの方に自然の素晴らしさを味わって頂くことを最大の使命としています。

グリーンシーズン運営にも積極的に取り組み、ロケーションや観光資源を活かしながら、オールシーズンの山岳リゾートの構築を進めています。



NSDとオグナほたかスキー場は、株主優待の連携からはじめ、今後、2021-22ウィンターシーズンに向けて、双方連携した営業活動を実施し誘客強化を図ってまいります。また、グリーンシーズンでは「ほたか牧場キャンプ場」においても同様な集客連携をしてまいります。



●オグナほたかスキー場

片品村振興公社株式会社が運営するオグナほたかスキー場は、標高1,828mから3.5kmのロングクルージングが体験でき、キッカーやジブアイテムなど多彩なアイテムが揃うスノーパークを設置しスノーボーダーやフリースタイルスキーヤーにも人気があります。また、スノーエスカレーターを使ってのソリ遊びや初めての雪遊びデビューのキッズ広場などもあり、お子様からシニア、初級者から上級者まで幅広いウィンタースポーツプレーヤーが1日楽しめる環境があり、良質なパウダースノーにも恵まれたエリアで隠れパウダーエリアとして人気エリアとなっております。

●花の駅片品花咲の湯

オグナほたかスキー場近辺には、人気の入浴施設「花の駅片品花咲の湯」のがあり、絶景を見ながら入浴ができる露天風呂に加え、大量のマイナスイオンと遠赤外線を発生する片品村でしか採取できない「貴陽石」を用いた岩盤浴が楽しめます。もちろん地元片品村の食材をふんだんに使用したお食事や、直売所やお土産売り場などもございます。

https://oze-katashina.info/hanasakunoyu/

【会社概要 日本スキー場開発株式会社】

日本スキー場開発は、長野県6カ所、群馬県1カ所、岐阜県1カ所 計8スキー場とレンタルショップ複数店を運営しています。

冬はスキー場を営業、夏は自然を活用したグリーンシーズン営業し、非日常的な時間と空間を演出することにより、一人でも多くの方に自然の素晴らしさを味わって頂くことを最大の使命としています。これまでに、白馬岩岳の絶景カフェ&テラス「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」、白馬八方尾根では山岳ビーチリゾート「HAKUBA MOUNTAIN BEACH」を開業。コロナ禍においては、アウトドアで楽しめる新規事業展開を進めており、2020年7月にめいほう高原でアクティビティエリア「ASOBOT(アソボット)」を、2021年7月には北志賀竜王に絶景グランピング施設「SORA GLAMPING RESORT」、白馬岩岳にて日本初登場のマウンテンアクティビティ「マウンテンカート」、8月には栂池高原にてキャンピングトレーラー型グランピング施設「GLAMPING FIELD TSUGAIKE」を開業し、各エリアに新しい魅力を追加、幅広い客層に来場いただいております。また、2021‐2022冬期シーズンでは、雪山デビューの軽減を目的とした家族でスキー場へ遊びに来やすい環境づくりの一環として、小学生以下限定にて「NSDキッズプログラム」を開始。グループスキー場7スキー場で小学生以下のシーズン券が無料になる取り組みも開始いたしました。

代表:鈴木周平

設立:2005年12月

本社所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城6329-1

https://nippon-ski.jp/



NSDキッズプログラム(小学生以下シーズン券無料提供)

https://www.nippon-ski.jp/kids/



日本スキー場開発 グループスキー場

●鹿島槍スキー場(長野県大町市)

https://www.kashimayari.net

●白馬八方尾根(長野県白馬村)

https://www.happo-one.jp/

●白馬岩岳スノーフィールド(長野県白馬村)

https://iwatake-mountain-resort.com

●つがいけマウンテンリゾート(長野県小谷村) 

https://www.tsugaike.gr.jp/

●竜王スキーパーク(長野県山ノ内町)

https://www.ryuoo.com/

●菅平高原スノーリゾート(長野県上田市) 

https://sugadaira-snowresort.com/

●川場スキー場(群馬県川場村) 

https://www.kawaba.co.jp

●めいほうスキー場(岐阜県郡上市) 

https://www.meihoski.co.jp

●レンタルショップ SPICY(長野県白馬村) 

https://spicy.co.jp/



NSDパートナーリゾート

●みやぎ蔵王えぼしリゾート 

http://eboshi.co.jp/

●オグナほたかスキー場 

http://ognahotaka.jp/



【会社概要 片品村振興公社株式会社】

花の駅・片品「花咲の湯」、寄居山温泉「ほっこりの湯」、道の駅尾瀬かたしなの3事業所を運営しております。

●花の駅・片品「花咲の湯」

https://oze-katashina.info/hanasakunoyu/

温泉を中心に岩盤浴、レストラン、ナチュラルガーデン、農産物直売所、特産品売店、版画家小暮真望ギャラリーなどを併設しています。レストランでは地産地消にこだわり地場産品の優先的使用に努め、岩盤浴は片品村でしか採取できない「貴陽石」を100%使用、ナチュラルガーデンでは片品の自然と調和した庭で四季折々の風景が楽しめ、農産物直売所では片品村の新鮮な高原野菜を取り揃えており片品村を満喫できます。



●寄居山温泉「ほっこりの湯」

https://oze-katashina.info/hokkorinoyu/

古くから地元に愛されてきた日帰り温泉です。泉質も人気ですが、テラスから見える片品村の心なごむ風景が四季折々楽しめます。片品村の作家さんによる手作り雑貨やスタッフがセレクトした可愛い雑貨など人気で、小さな温泉ながらアットホームな雰囲気は、来る人の心をほっこりと癒やしてくれます。



●道の駅尾瀬かたしな

https://oze-katashina.info/michinoeki/

農産物直売所、食堂、展望テラス、813広場、展望足湯(冬季閉鎖)、ドッグラン(冬季閉鎖)などを併設しています。農産物直売所では片品村の新鮮な高原野菜を取り揃えております。食堂では名水から作られた尾瀬名水うどん、片品で採れた野菜や山菜など、季節の天ぷらが楽しめます。

観光情報をはじめ、片品村ならではの「食べる」「遊ぶ」「癒される」の体験がいっぱい詰まった道の駅です。

代表:金子賢司

設立:1998年8月

本社所在地:群馬県利根郡片品村大字鎌田3967‐3



オグナほたかスキー場

リフト6基 コース数10 最大斜度32度 最長滑走距離3,500m 標高1,400m~1,828m

初級者30% 中級者40% 上級者30%

スキー40% スノーボード60%

アクセス:

関越自動車道沼田ICから国道120号を尾瀬方面へ車で28km沼田ICから抜群のアクセス。椎坂トンネルの開通で沼田ICからのアクセスが抜群によくなりました。

・移動時間の大幅短縮(積雪時に25分かかっていた椎坂峠の所要時間がなんと7分)

・冬期は積雪や凍結で交通が困難だったが、開通により安心安全(急カーブ35ケ所→4ケ所に)


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい