二見 梓選手(ビーチバレーボール)の引退のお知らせ 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二見 梓選手(ビーチバレーボール)の引退のお知らせ

PR TIMES

- 東レエンジニアリング株式会社



 東レエンジニアリング株式会社(本社:東京都中央区、社長:岩出 卓、以下「東レエンジニアリング」)の社員でビーチバレーボール選手として活動してまいりました二見 梓(ふたみ あずさ)が、この度引退いたします。

 

 二見は、2016年からビーチバレーを開始し、以降「第30回全日本ビーチバレー女子選手権大会」優勝(2019年)、「マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2019 都城大会」優勝(2019年)、「マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021 立川立飛大会」優勝(2021年)などで実績を重ねてまいりました。

 競技開始以来、主要な大会での活躍により、ビーチバレーの発展をけん引してきましたが、今般、現役を退くこととなりました。今後は社業に専念する予定です。



 東レエンジニアリングは、CSR活動の推進を経営の重要課題と位置づけています。今回のトップアスリートの支援によるスポーツ振興への取り組み経験をいかし、今後も企業市民として積極的に社会・地域に参画し、その発展に貢献してまいります。

【二見 梓コメント】

 2016年7月から5年にわたりビーチバレーボールに取り組んでまいりました。これまで活動を支えていただいた、東レエンジニアリングの方々、ファンの方々、一緒に活動してきたパートナーとチームスタッフ、家族、友人など沢山の方々への感謝の気持ちで一杯です。

 競技人生においてはすべてを出しきり、やり残したことはありません。言葉には表すことができないくらい、とても充実した5年間の競技生活でした。

この経験を糧にこれからの人生を、自信を持って歩んでいきます。



(ご参考)二見 梓プロフィール

 生年月日: 1992年5月15日(29歳)

 出身: 神奈川県葉山町

 高校: 大和南高校出身

 競技歴: 2011年 東レ株式会社入社。

             東レアローズ女子バレーボール部に入部。

      2012年 同部にてV・プレミアリーグ優勝に貢献。

         アジアカップ女子大会の日本代表に選出。

      2015年 インドアバレー選手を引退。

            東レエンジニアリングに入社。

      2016年 ビーチバレーを開始。

                                                以 上


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい