一般社団法人日本スポーツフィッシング協会運営体制のお知らせ 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一般社団法人日本スポーツフィッシング協会運営体制のお知らせ

PR TIMES

- 一般社団法人日本スポーツフィッシング協会



有名アングラー、メーカー、学識者など総勢30名が就任し、スポーツフィッシング振興と資源管理推進へ取り組みます。



スポーツフィッシング文化のさらなる発展と、資源管理を通した豊かな自然、水産業の次世代承継を推進する一般社団法人日本スポーツフィッシング協会(以下JSA、東京都中央区、代表理事:茂木陽一)は、総勢30名から構成される役員体制をお知らせします。



【組織体制の背景・目的】

スポーツフィッシングの振興と地域活性化、資源管理の推進に取り組むために、有名アングラーをはじめとする役員体制を整備しました。

JSAはアングラー、釣り業界への啓蒙活動はもちろん、魚・資源を軸にした資源管理、環境保護を前提とした水産ビジネスの発展、スポーツフィッシング振興を目指し、設立時から関連省庁、政治家などの皆様とも連携を強化しています。

持続性ある水産ビジネスの維持・発展のために、国際社会、SDGs推進も考慮したルールメイキング、制度の設計・運用を目指して活動しています。

本活動を推進し、全国各地域に波及させるための体制を整備しました。また、設立時代表理事である茂木陽一は、JSAの立ち上げが完了したことから全面的な後方支援として特別顧問に就任し、代表理事に徳永兼三が就任致します。



JSA理事・幹事・顧問一覧

<理事>

代表理事:徳永兼三(有限会社バスメイト代表取締役)

副代表理事:佐藤偉知郎(有限会社ソウルズ代表取締役)

理事兼全体統括 :桜井駿(株式会社デジタルベースキャピタル代表取締役)

理事兼SFPC統括:上屋敷隆(株式会社マングローブスタジオ代表取締役)

理事兼法人統括:森聡之(Knot Enough船長)



<幹事>

政策担当:村岡昌憲(株式会社カルモア代表取締役会長、ブルーブルー株式会社代表取締役)

政策担当:高本采実(モデル・タレント)

北海道ブロック長:菊池純一(steel 船長)

東北ブロック長:工藤竜児(ファイナリスト船長)

関東ブロック長:澤田利明(株式会社アル代表取締役)

中部ブロック長:佐野ヒロム(株式会社佐野工機代表取締役)

近畿ブロック長:永井誠一

九州ブロック長:岩崎幸広(幸漁丸、北部九州遊漁船連絡協議会会長)

沖縄ブロック長:宮城梓株式会社(マクロシード所属、YouTubeフィッシングギャング)

蒼井さや(株式会社アライブエンタテインメント、タレント)

荻原正幸(パッションズ)

小平伯穂(小平商店)

金城和司(与那国島瑞宝丸船長)

鈴木斉(NABLA代表取締役兼プロデューサー)

田代誠一郎(株式会社サンライズ代表取締役)

土井上博智 (有限会社彩進社取締役)

中村豪(株式会社T.K.Sea代表取締役)

福井健三郎(株式会社ビッグディッパー代表取締役、船名斗南−3)

藤井忠和(株式会社海遊丸代表取締役)

松尾五郎(五郎丸船長)

水元真二(合同会社sis代表取締役専務)

山口徹(山正丸代表)



<顧問>

JSA創設者/特別顧問:茂木陽一(株式会社グローウッズ代表取締役)

宮原正典(よろず水産相談室afc.masa代表、元水産庁)

勝川俊雄(国立大学法人東京海洋大学准教授)



※一部就任予定、登記手続き中も含みます。



<今後について>

JSAは、釣り業界、スポーツフィッシング協会への啓蒙・PRに加えて、省庁をはじめとする公的機関、政府との連携を強化しています。釣り業界の声を届けることはもちろん、釣り人、政府自治体、水産業従事者といった立場の枠を越えて資源を軸にした産業振興、地域活性化に取り組んで参ります。

一人でも多くの皆様の行動、アクションが釣り、さらには水産ビジネスの未来へつながります。個人アングラーをはじめ法人向け会員制度を現在準備しており、近日中に受付を開始します。

JSA公式ウェブサイト、または公式Facebookページのフォローをお願い致します。



【法人の概要】(

法人名:一般社団法人日本スポーツフィッシング協会(英文:Japan Sportsfishing Association 略称:JSA)

所在地:東京都中央区日本橋兜町8-1 FinGATE TERRACE 2階

代表理事:茂木陽一

公式ウェブサイト:https://jsafishing.org

公式facebookページ:https://www.facebook.com/jsafishing

※本リリース発出時点の情報です。



主な活動内容:

1)スポーツフィッシング産業化の啓蒙活動

2)資源保護、自然保護、釣り、遊漁に関する政策提言、省庁連携活動

3)釣り人、アングラーのマナー向上のための自主ルールの策定、啓蒙活動

4)釣りに関するイベントの企画、運営

5)その他付随する活動

【本件に関するお問い合わせ】

一般社団法人日本スポーツフィッシング協会

https://jsafishing.org


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい