小野不由美「十二国記」シリーズ誕生から30周年! 2021年9月25日から30周年フェアスタート。 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小野不由美「十二国記」シリーズ誕生から30周年! 2021年9月25日から30周年フェアスタート。

PR TIMES
十二国図 

十二国図 

30周年記念缶バッジ「陽子」

30周年記念缶バッジ「陽子」

30周年記念缶バッジ「泰麒」

30周年記念缶バッジ「泰麒」

30周年を記念した「書店限定販売 ランダム缶バッジ(全10種)」や「LINEスタンプ」も発売。



- 株式会社新潮社



小野不由美氏による壮大なファンタジー「十二国記」。2021年9月25日にシリーズ誕生から30周年を迎えることを記念して、9月下旬から全国書店で「十二国記30周年フェア」をスタートします。フェアにあわせて山田章博氏描き下ろしの「十二国記ちびキャラ」が初お目見え。ちびキャラを使用した「書店限定販売 ランダム缶バッジ(全10種)」や「LINEスタンプ」も発売予定です。

 1991年9月25日、のちにシリーズ累計1200万部超の壮大なファンタジー「十二国記」のエピソード0となる小説『魔性の子』(新潮文庫)が発売されました。それから30年、「十二国記」は時を超え、世代を超え、幅広い読者に読み継がれ続けています。



 2021年9月25日にシリーズ誕生から30周年を迎えることを記念して、全国書店で2021年9月下旬から「十二国記30周年フェア」をスタートします。

 フェアにあわせて「十二国記」の全ての装画・挿絵を担当されている絵師・山田章博氏が新たに描いた「ちびキャラ(スーパーデフォルメキャラ)」が登場。書店でしか買えない30周年限定グッズとして「30周年記念ランダム缶バッジ(全10種)」、ファン待望の「十二国記ちびキャラLINEスタンプ」も発売予定です。そのほかにも、年間を通して様々な企画を準備しています。

《「十二国記」について》

我々が住む世界と、地球上には存在しない異世界とを舞台に繰り広げられる、壮大なファンタジー。二つの世界は、虚海という広大な海に隔てられ、「蝕」と呼ばれる現象によってのみ繋がっている。異世界では、神々が棲む五山を戴く黄海を、慶、奏、範、柳、雁、恭、才、巧、戴、舜、芳、漣の十二の国々が、幾何学模様のような形で取り囲んでいる。それぞれの国では、天意を受けた霊獣である「麒麟」が王を見出し、「誓約」を交わして玉座に据える。王は、天啓のある限り永遠の命を持ち、国を治め、麒麟は宰輔として側に仕える。それぞれの国を舞台に繰り広げられる深遠な人間ドラマは、私たちに「生きる意味」と「信じる強さ」を問いかける大河小説といえる。 また、NHKアニメ化でも話題となった。



《本書の詳細情報》

【タイトル】「十二国記シリーズ」

【著者名】小野不由美

【造本】すべて新潮文庫

【URL】https://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい