「巨大猫」3D動画が世界に拡散された『クロス新宿ビジョン』。先端の表現手法を駆使する新ビジョンが、7月12日(月)より本放映をスタート。 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「巨大猫」3D動画が世界に拡散された『クロス新宿ビジョン』。先端の表現手法を駆使する新ビジョンが、7月12日(月)より本放映をスタート。

PR TIMES
クロス新宿ビジョン外観

クロス新宿ビジョン外観

クロス新宿ビジョン(完成予想CG)

クロス新宿ビジョン(完成予想CG)

YouTubeライブ配信画面。この視点では巨大猫はゆがんで見えます

YouTubeライブ配信画面。この視点では巨大猫はゆがんで見えます

仮放映時の新宿駅東口駅前の様子

仮放映時の新宿駅東口駅前の様子

放映面が2面あるため、奥行感のある演出が可能です(JR新宿駅東口駅前広場より撮影)

放映面が2面あるため、奥行感のある演出が可能です(JR新宿駅東口駅前広場より撮影)

- 株式会社クロススペース



株式会社クロススペース(本社:東京都新宿区、代表取締役:森田威)からの委託により、株式会社マイクロアドデジタルサイネージ(本社:東京都渋谷区 代表取締役 穴原 誠一郎)、株式会社ユニカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:磯崎元彦)が共同運営する『クロス新宿ビジョン』が、7月12日(月)より本放映を開始いたします。

『クロス新宿ビジョン』は世界最大の乗降客数を誇る新宿駅東口駅前広場の前という「超一等立地」に、150平方メートル 超級では国内唯一の4K相当画質の「最新のスペック」を持ち、湾曲ディスプレイを活かした3D動画など「先端の表現手法」を駆使する新ビジョンです。

7月1日からの仮放映期間に「巨大猫」の3D動画放映は大きな反響となり、国内外に広く拡散されました。今後も、巨大猫の動画シリーズの作成等、視聴者に届きやすい新たな映像手法を実施していきます。

クロス新宿ビジョン計画の背景について

当該敷地は狭小地であり高層建物の建築が難しかったため、低層建物+大型ビジョンとして計画、建築されました。建物用途がイベントスペースでもあるため、大型ビジョンの活用と認知強化は計画時より重要な検討テーマでした。まさに計画当時、韓国・中国の街頭ビジョンでの3D動画が話題となっていたこともあり、当ビジョンでも3D動画の制作に取り掛かりました。結果として、「新宿駅東口の巨大猫の3D動画」は国内外に拡散し、当ビジョンも認知度を大きく高めることができました。

当ビジョンでは3D動画に限らず各種取り組みを行い、広告主にとって効果的な媒体であり続けます。

『クロス新宿ビジョン』の4つのポイント

1. 超一等立地 ~新宿駅東口駅前広場の向かい

当ビジョンは、世界最大の乗降客数を誇る「新宿駅」、そして、新宿駅最大の広場である「新宿駅東口駅前広場前」に立地しています。ビジョン前に人が集められる広場があることは、効果的なプロモーションを行うために重要です。実際に、仮放映時においても「巨大3D猫」目当ての視聴者が新宿駅東口駅前広場に多く集まりましたが、誘導員の誘導により、歩行者を妨げることはありませんでした。

2. 最新のスペック ~国内初の大型街頭4K相当ビジョン

当ビジョンは、150平方メートル 超級(H8.16m×W18.96m=154.71平方メートル )で唯一の4K相当対応の大型街頭ビジョンです。新宿駅東口のスクランブル交差点に面していることに加えて、ビジョンが低層建物の屋上に設置されているため、信号待ちや待ち合わせの人々にとって、美しい映像を長時間視聴することができる環境にあります。

また、動画配信システムとしては、駅前大型街頭ビジョンで初めて、リアルタイム配信を可能とする株式会社マイクロアドデジタルサイネージ社製の「MONOLITHS(モノリス)」を採用しており、各種外部データと連動したビジョン放映が可能な仕組みとなっています。



3. 先端の表現手法 ~3D動画に最適な湾曲形状と立地

街頭ビジョンにおける3D動画の放映は、現地のみならず、ネット上での拡散により多くの視聴者数を得ることが可能です。3D動画は、L字や湾曲など、放映される面が2面あることで、より奥行き感を感じることができます。その一方、3D動画は視聴角度が限られるため、現地視聴者はある程度特定の位置に集まらなくてはいけません。

クロス新宿ビジョンは、湾曲形状をしており、かつ、3Dに見える視聴位置に新宿駅東口広場があるため、3D動画に最適な形状・立地を兼ね備え、より広く、より多くの視聴者数を得ることが可能なビジョンとなっています。

4. 視聴者獲得のための各種施策

巨大猫の3D動画が先行して話題となった当ビジョンですが、3D動画以外にも数々の施策を実施・検討しています。

通り向かいにある関係会社所有建物に設置したカメラからのYouTubeライブ配信、及び、180度視界が操作できるVRカメラによるYouTube配信ライブ配信を行っております。放映されている映像を国内外にライブ配信し、それを180度VRで確認可能なシステムは、これまでの街頭ビジョンにはない配信手法で、新たな視聴者の獲得を期待できます。

また、運営会社は西武新宿駅前で「ユニカビジョン」を運営する株式会社ユニカであるため、「ユニカビジョン」や、その他新宿の主要サイネージと連動した放映にも取り組みやすい体制となっています。

当ビジョンでは3D動画に限らず、広告主にとって効果的な媒体であり続けるため、各種の施策を企画・実施し続けます。

新宿東口の巨大3D猫について

巨大猫3D動画放映は大きな反響を呼び、新宿駅東口駅前広場での観覧者が増加しています。現在放映回数が多い「おしゃべり編」は約15秒と短いため、スマホ等での撮影が間に合わない結果、次回放映を待たれる観覧者が多いことも一要因、と分析しています。

そこで当面の間、当初計画より大幅に露出回数を増やし、放映時間をTwitterで告知するなど、撮影待ち観覧者数抑制対策を実施します。

また今後においても、現在制作中の巨大猫3D動画「無重力編」をより長い映像とすること、また、各種3D動画をまとめて長尺とすることで撮影を容易にし、観覧者の利便性を高める各種対策を実施してまいります。



巨大三毛猫に対して大きな反響をいただき、大変感謝しております。今後も巨大三毛猫が新宿駅東口駅前広場のアイコンとして愛され、いずれ渋谷のハチ公像とならぶ待ち合わせのメッカとなるよう各種の試みを打ち出しますので、引き続きご注目ください。



※放映時間等の情報は、Twitter、YouTubeなどのSNS媒体により発信していきます。

今後の展開

『クロス新宿ビジョン』の最初の施策である「巨大3D猫」は、幸いにして国内外で好意的な反響をいただくことができました。

この反響にとどまらず、『クロス新宿ビジョン』では、今後もより効果的な巨大猫3D動画の放映、長尺巨大猫3D動画番組の制作、近隣他ビジョンとの連動した3D動画放映、SNS連動プロモーション、下層階イベントスペースとの連動プロモーション、ビジョンサイズの拡張、等、より多くの視聴者に届きやすい新たな映像配信手法を実施してまいります。



『クロス新宿ビジョン』は、広告主の最適なプロモーション活動を提供し続ける存在であり続けたいと考えています。

『クロス新宿ビジョン』概要

住所:新宿区新宿3-23-18 クロス新宿ビル屋上

放映時間:07:00~25:00(17時間放映保証)※24時以降無音放送

画質:4K相当

画角:16:7

サイズ:154.7平方メートル (H 8.16m × W 18.96m)

画面仕様:6ミリピッチLED SMD仕様

放映開始予定:2021年7月12日(月)

ウェブサイト:https://vision.xspace.tokyo/

Twitter:https://twitter.com/xspace_tokyo

巨大猫Twitter:https://twitter.com/cross_s_vision

ライブカメラ(YouTubeチャンネル):https://www.youtube.com/c/crossspacech


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい