VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「Gawr Gura(がうる・ぐら)」がYouTubeチャンネル登録者数300万人突破! 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「Gawr Gura(がうる・ぐら)」がYouTubeチャンネル登録者数300万人突破!

PR TIMES

- カバー株式会社



カバー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:谷郷元昭)は、当社が運営するVTuber事務所「ホロライブプロダクション」において、所属VTuber「Gawr Gura(がうる・ぐら)」のYouTubeチャンネル登録者数が300万人を突破したことをお知らせいたします。

「ホロライブプロダクション」は、2017年9月に運営を開始したVTuber事務所です。

日本と海外含めて約50名のVTuberが所属し、2021年6月時点でYouTubeにおける累計チャンネル登録数は4,000万人を超えており、日本だけでなく英語圏やアジア圏を中心に海外でも人気のVTuber事務所となっています。



このたび、所属VTuberである「Gawr Gura(がうる・ぐら)」のYouTubeチャンネル登録者数が300万人を突破いたしました。これも日頃からいただいているファンの声援の賜物であり、今後も「ホロライブプロダクション」は世界的に愛されるコンテンツ作りを目指して精進してまいります。

タレント紹介



■Gawr Gura(がうる・ぐら)

「海底つまらんすぎてワロタ」って言いながら地上にやってきたアトランティスの末裔。彼女がお気に入りで着ている服は(サメの被りモノも含めて)日本で買った。本人曰く暇な時は海洋生物と会話するのが好き。



【キャラクターデザイン】甘城なつき @amsrntk3

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCoSrY_IQQVpmIRZ9Xf-y93g

【Twitter】https://twitter.com/gawrgura

----------------

■ホロライブプロダクションについて

「ホロライブプロダクション」は、弊社システムを活用して「YouTube」などで動画投稿やライブ配信を中心に活

動する女性VTuberグループ「ホロライブ」、男性VTuberグループ「ホロスターズ」および音楽レーベル「イノナカミュージック」が所属するVTuber事務所です。ライブ配信での応援やTwitterでの交流ができる次世代のバーチャルタレントが所属する事務所であり、精巧な2D・3Dキャラクターモデルを使用した実況・配信を得意としています。

・ホロライブプロダクション公式Twitter: https://twitter.com/hololivetv

・ホロライブ公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCJFZiqLMntJufDCHc6bQixg/

・ホロスターズ公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCWsfcksUUpoEvhia0_ut0bA



■ホロライブEnglishについて

「ホロライブEnglish」は、弊社システムを活用して「YouTube」などで動画投稿やライブ配信を中心に活動する英語圏全般向けの女性VTuberグループです。ライブ配信での応援やTwitterでの交流ができる次世代の二次元アイドルグループであり、精巧な2D・3Dキャラクターモデルを使用した実況・配信を得意としています。

・ ホロライブEnglish公式Twitter: https://twitter.com/hololive_En

・ ホロライブEnglish公式Reddit: https://www.reddit.com/r/Hololive/



■カバー株式会社について

カバー株式会社は、VR/ARのテクノロジーを活用して、 世界で通用する新しいバーチャルタレントの文化を生み出すことをビジョンとした、コンテンツ×テクノロジー領域のスタートアップです。

・所在地:東京都千代田区

・代表者:代表取締役社長CEO 谷郷 元昭

・URL:http://cover-corp.com

・採用ページはこちら:https://www.wantedly.com/companies/cover-corp



■本件に関するお問い合わせ

カバー株式会社 広報PR担当

メールアドレス:pr@cover-corp.com






トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい