自宅でウイスキーや焼酎を熟成できる、本格ミニ樽が登場!コロナ禍の新しい楽しみに。 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自宅でウイスキーや焼酎を熟成できる、本格ミニ樽が登場!コロナ禍の新しい楽しみに。

PR TIMES

極上品質のスパニッシュオーク製ミニ樽でウイスキーや焼酎をグレードアップ。



- ファルカ合同会社



ファルカ合同会社(東京都港区)は、6月9日(水)21時、日本初となるスパニッシュオーク製ミニ樽の予約販売を開始しました。

開始から10時間で700万円を超える応援購入がありました。



本格製法の極上品質のミニ樽でウイスキーや焼酎の味わいをグレードアップ。

オークの芳しい香りで、自分だけの樽熟成酒を自宅で楽しめます。



予約販売URL:https://www.makuake.com/project/taru_holic

【ミニ樽熟成の3つの醍醐味】



1. 短期間でお酒の風味がグレードアップ



オークとお酒が触れる面積の比率が大きく、大容量の樽と比べ格段に早く香り移りや成分の溶出が進みます。



新樽のうちはわずか1日でも香り、色、味わいが変化するほど。



オークの芳しい香りと、複雑で深みのある味わいを短期間で楽しむことができます。

2.自分だけの味わいを追求



どのお酒を何日熟成するか、ウイスキーのブレンドなど、自分好みの味わいを探究できるのもミニ樽の魅力。



樽の大きさや樽を置く環境も味わいに大きく影響するため、熟成したお酒は同じものは一つとして存在しません。

3.樽自体を育てる楽しみ



樽に入れたお酒の成分が蓄積され、樽がどんどん多様なフレーバーを得ます。



自分好みのフレーバーを持つ樽に育てるロマンも体験できます。

【TARU HOLICミニ樽の特徴】



濃厚な香りと多くの香味成分を持ち、複雑な味わいをもたらす希少なスパニッシュオークを使用



広く普及するアメリカンホワイトオークと比較して、フレーバーのバリエーションが優れています。

ミニサイズでありながら、18mmもの極厚板で出来ており、ミディアム・チャー(樽を焦がす加工)を施した本格製法で作られています。

【サイズ】

1L、2L、3Lの3サイズを展開。



奥行(蛇口先端まで含む)x幅(台座下部)x高さ

【1L】約27x17x23cm/1.75kg

【2L】約29x18.4x27cm/2.5kg

【3L】約31x20x30cm/3kg

【価格】



・予約限定の価格(送料・税込)

1L      18,900~19,700円

2L      21,900~23,000円

3L      25,900~27,100円

1L 2個セット 35,900円

2L 2個セット 41,800円



※職人による手作業での製造のため、全て数量限定。

※予約受付は7月30日(金)まで。

※一部の早割はすでに完売。



「TARU HOLIC(タルホリック)」という名前には、樽に夢中になってほしいという同社の想いが込められています。

■ファルカ合同会社運営オンラインショップ

 TARU HOLIC:https://taru-holic.com


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい