東京23区のタワマン、売り出し物件数が前年対比66%と大幅減少 〈PR TIMES〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東京23区のタワマン、売り出し物件数が前年対比66%と大幅減少

PR TIMES

- 株式会社Housmart



マンションの資産価値が一目でわかるアプリ「カウル」を運営する株式会社Housmart(本社:東京都中央区、代表取締役:針山昌幸、以下:ハウスマート)が、東京23区における20階以上の高層タワーマンション(以下:タワマン)と19階建て以下のマンション(以下:非タワマン)の売り出し状況に関して、独自のデータベースを元に調査しました。その結果、どちらのマンションも売り出し物件数(※)が減少し、前年割れしている一方で、平米単価が高騰していることがわかりました。

(※売り出し物件数=新規売り出し数+在庫数)

また、併せてカウル会員を対象にどちらの建物を希望しているのかアンケートを実施しました。

タワマンにおいては、2021年6月の売り出し物件数が888件と、対前年比66.2%にまで減少しました。また、売り出された物件の平米単価の平均価格は前年対比108%の約146万円となっています。なお、2019年6月と比較すると113%と、高騰し続けていることがわかりました。



19階建て以下のマンションにおいても、2021年の売り出し物件数が対前年比77.0%に減少し、2,583件となりました。平米単価においては110万円を突破し、対前年比114.3%、2019年対比120.0%と、大幅上昇しています。

■タワマンと非タワマンどちらに住みたい?

カウル会員を対象に「20階建て以上のマンションと19階建て以下のマンション、どちらが希望か」アンケートを実施したところ、83.7%が非タワマンを希望していることがわかりました。

(調査期間:2021年6月1日~6月4日、回答者数:166人)



− 以下、回答者のコメント抜粋 −

<非タワマン希望理由>

タワマンは災害時が不安のため

駅近物件が多いので利便性は評価するが反面、周辺環境が良好ではない物件が多い

予算に合う物件がない

<タワマン希望理由>

眺望を楽しみたい

資産価値が低下しにくいと考えている

タワーに拘ってはいないが、値段や出口を考えると可能性は高い

■ハウスマート代表・針山の見解

新型コロナが広がった結果、転勤や既に家を持っている人の住み替えが抑制され、2020年4月頃から市場の中古マンション在庫数は下落傾向にあります。一方、テレワークの普及によって「もっと広いところに住みたい」というニーズが広がり、購入希望者は増加。結果として、供給を需要が上回り、市場の不動産価格は上昇しています。



高層マンション、いわゆるタワーマンションは、利便性の高い立地に多くの戸数を分譲するために開発されたマンションです。コロナ禍においても、電車に乗らずに近所で買い物や生活の用事を済ませたいというニーズは強いため、タワーマンションの人気も根強いものがあります。



一方、タワーマンションが普及し始めたのはこの20~30年のため「なんとなく怖い」「災害の時に大丈夫か」といった不安や好奇心の対象にされやすいといった特徴もあります。また利便性の高いエリアに分譲されているため、平均価格も高価格帯の部屋が多いのが実際です。



今回の調査から、タワーマンション、非タワーマンション共に、コロナ禍であっても根強いニーズがあることが確認されました。販売中物件の減少を受け、中古マンションにおける売り出し開始から販売終了までのスピードの早さは目を見張るものがあります。郊外への移住、駅距離を気にしない顧客層が出始めていることは事実ですが、まだまだ中古マンションのニーズが強いことが明らかになったと言えます。



■ハウスマート代表・針山のプロフィール



株式会社Housmart

代表取締役 針山 昌幸(はりやま まさゆき)




一橋大学経済学部卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。その後、楽天株式会社を経て、2014年9月株式会社Housmartを設立。

「住を自由に」 をミッションに掲げ、テクノロジーとデザイン、不動産の専門知識を融合させ、「住」の概念をもっと自由なものに進化させることを目指している。

著書『中古マンション本当にかしこい買い方・選び方』



(出版社:日本実業出版社、価格:1,540円(税込))

【Amazonランキング・ベストセラー1位獲得/マンションカテゴリー、発行部数20,000部】

amazonページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4534052707/



現代ビジネスに寄稿中  https://gendai.ismedia.jp/list/author/masayukihariyama

■「カウル」について

<資産価値重視の方に支持されている中古マンションアプリ>

9万人以上の会員にご利用いただいているカウルでは、 AIが売買事例や築年数、最寄り駅などのビッグデータからマンションの市場価値を分析し、今まで不透明だった中古マンションの適正価格や35年後までの推定価格を算出するので、一目で中古マンションの資産価値がわかります(下図・右)。

<物件探し~購入の契約まで非対面で可能>

物件探しはもちろん、希望条件の設定や予算組み、個別相談などがアプリ内で完結します。

収入などの諸条件を入力するだけで、わかりづらいローンシミュレーションや月次払いの費用も簡単に算出されます(下図・左)。また、マンションの売却に関してもZoomなどを用いてオンラインでの相談を承っています。



対象エリア

東京都23区・三鷹市・武蔵野市・西東京市

神奈川県横浜市・川崎市

千葉県浦安市・市川市埼玉県

さいたま市桜区/南区/緑区/浦和区・川口市・戸田市・蕨市  

■株式会社Housmartについて

ハウスマートは 「住を自由に」 をミッションに掲げ、テクノロジーとデザイン、不動産の専門知識を融合させ、「住」の概念をもっと自由なものに進化させることを目指しています。



代表者:代表取締役 針山昌幸

所在地:東京都中央区銀座2-10-8 マニエラ銀座ビル6階

設立:2014年10月

URL:http://housmart.co.jp/

提供サービス:

中古マンション提案アプリ「カウル」(https://kawlu.com/market/)

マンション情報メディア「マンションジャーナル」(https://kawlu.com/journal/)

不動産データベース「カウルライブラリー」(https://kawlu.com/library/)

YouTube「カウルチャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCn_DJ-XNpNErnc-OCHClTFA)


トップにもどる ビジネス・マネー記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい